Process Manufacturing

Oracle Process Manufacturingは、新製品開発やレシピ管理、生産からコスト、品質、法規制の管理まで、レシピに基づいた製造における製品ライフサイクル全体を自動化します。 Oracle Process Manufacturingを使用することで、顧客ごとの仕様に合わせた製品のフォーミュレーション、多様性の管理、生産能力の最適化、継続的なプロセス改善の推進を実現します。

製造プロセスの統合と簡素化
Oracle Process ManufacturingはOracle Manufacturingの一部であり、Oracle Production Schedulingをはじめとする他のOracle Manufacturingアプリケーションとシームレスに連携します。

特長

新製品開発の迅速化

  • 製法をグラフィカルに構成し、製造環境のシミュレーションをおこない、承認済の製法を生産施設へ容易に転送

生産の最適化

  • 原料とプロセスを厳密に管理。 予想量に基づいてバッチ数を増加または減少し、 理論上の予想歩留率を計算

コンプライアンスの確保

  • 危険物に関するドキュメントの作成とメンテナンスを自動化し、コンプライアンスをサポート。 監査制御とルールベースのディスパッチ管理を実現

品質の管理

  • 原材料、中間製品、副産物、サブロット、最終製品など、各生産段階の品質をリアルタイムに確認

コストの管理

  • what-if分析や棚卸資産評価など、詳細なコスト分析機能を搭載