Property Manager

Oracle Property Managerは、賃貸借契約の管理およびスペース管理の合理化と自動化により、不動産ポートフォリオのインテリジェントな管理を実現します。 企業の不動産、事業用不動産、あるいは店舗やフランチャイズ業務の管理に使用する場合でも、Oracle Property Managerはコスト削減、財務実績の最大化、投資内容の完全な把握を可能にする包括的なソリューションを提供し、意思決定およびレポーティング能力を強化します。 Oracle Real Estate Managementソリューションの重要な要素であるOracle Property Managerは、連携できるよう設計された統合アプリケーション・セット、Oracle E-Business Suiteの一部です。

資産管理戦略による価値の創造
Oracle Property Managerは、Oracle ProjectsOracle Enterprise Asset ManagementOracle Customer Relationship ManagementOracle ServiceOracle Financialsの各アプリケーションとシームレスに連携しており、エンド・ツー・エンドの完全なReal Estate Managementソリューションを通じて不動産ライフサイクル全体をサポートします。

特長

  • 運用コストの削減
    賃貸借契約条件の追跡と可視性の強化、体系的で複雑な賃料の算出、請求と支払およびCAM調整の自動化によって、賃貸借契約に関連する会計管理を合理化します。
  • コスト節減と収入機会の把握
    占有状況を管理し、十分に活用されていないスペースを迅速に特定します。 賃貸借契約の収益の視点から占有管理を自動化し、費用の視点からOracle Human Resourceとの統合を活用することで、占有状況の正確な追跡に要する管理コストを削減できます。
  • 契約および会計上のリスクの最小化
    Oracle Property Managerは、重要な日付と賃貸借契約オプションの管理に加えて、GAAPおよびIASの会計基準(FAS13やIAS17など)へのコンプライアンスを徹底します。
  • データの透過性の確保
    賃貸借契約の締結から賃料の支払または回収までを網羅する明確で完全な監査証跡をもとに、財務諸表で開示する将来の最小賃料収入からスペース活用の効率性まで、あらゆる事柄の分析が可能な包括的レポート・ツールを提供します。