Oracle Receivables

Oracle Receivablesを使用することにより、請求処理、収納、顧客割引処理の合理化とともに、キャッシュ・フローの改善、顧客関係の最適化、戦略的な情報の提供が可能になります。 補助元帳としてのOracle Receivablesは、グローバル市場のニーズを満たす柔軟性を備え、強力な財務管理機能によって企業規律および財務規律の浸透を支援します。

Oracle E-Business Suite全体との連携による価値の拡大
Oracle Receivablesは、他のOracle E-Business Suite製品とシームレスに連携するため、最小限のコストでよりよい意思決定、持続可能な財務規律の確立、法規制のコンプライアンス、ビジネス・プロセスの最適化を促進します。

特長

  • 業務の合理化とキャッシュ・フローの向上
    Oracle Receivablesは、請求処理のニーズをシームレスに管理し、このサービスをオラクル以外の注文処理システムにまで拡張するインポート機能を備えています。 通信内容の追跡、現在の顧客アカウント情報への即時アクセス、回収担当者のタスク・スケジューリングにより、回収処理を促進します。
  • 企業規律および財務規律の浸透
    ビジネス・モデルを適切な収益スケジュールにマップすることで、会計基準および企業ポリシーへのコンプライアンスを徹底します。 機能セキュリティ、承認プロセス、情報の適切な配布を通じて、強力な内部統制を推進します。
  • グローバル市場への拡張
    Oracle Receivablesを使用すれば、企業はグローバルなニーズに対応し、さまざまな規制要件をサポートし、グローバル経済における顧客関係を最適化するための柔軟性を手に入れることができます。