Siebel Server Sync for Microsoft Exchange Server

オラクルのSiebel Server Sync for Microsoft Exchange Serverを使用すれば、Microsoft OutlookとSiebelアプリケーションの顧客情報を容易に一元管理できます。 この連携アプリケーションは、エンドユーザーのコラボレーションを促進し、CRMシステムの利用率を高めます。 Microsoft OutlookおよびExchangeとの統合によって、ユーザーは柔軟かつ迅速に顧客対応をリアルタイムで把握することができます。 この連携アプリケーションによって、予定、タスクおよび連絡先の作成が容易になります。

Microsoftとのシームレスな統合による生産性の向上
企業は現在、エンドユーザーがCRMシステムをなかなか受け入れてくれないという課題に直面しています。 マネジャーは、十分な情報をもとにした分析と意思決定をおこなうために、現場からのデータを必要としています。 従業員は、誰もが理解して使用できるツールを必要としています。

Microsoft OutlookとSiebelアプリケーション間の顧客情報の一元管理

エンドユーザーがタスクリストに従って作業する場合でも、会議をスケジューリングする場合でも、あるいは新しい取引先を記録する場合でも、SiebelのMicrosoft OutlookおよびExchangeとの統合によって、ユーザーは柔軟かつ迅速にリアルタイムで顧客対応を把握できます。 Microsoft OutlookおよびExchangeとの統合によって、予定、タスクおよび連絡先の作成という作業が、付加価値を創造するアクティビティへと変わります。これはすべての従業員に恩恵をもたらし、ユーザー利用率を高め、コラボレーションを促進します。

機能

  • サーバーベースの同期処理エンジンはバックグラウンドで実行され、カレンダの予定、連絡先、従業員およびタスクをSiebelアプリケーションとMicrosoft Exchangeの間で同期します。
  • Microsoft Outlookプラグインは、ユーザーがMicrosoft Outlookの連絡先、タスクおよび予定をSiebelアプリケーションの商談およびサービスリクエストにリンクできるようにします。
  • Siebelアプリケーション内にMicrosoft Outlookのカレンダをそのまま組み込むことができます。
  • サーバーベースの同期処理エンジン: カレンダの予定、連絡先、従業員およびタスクを同期します。
  • Microsoft OutlookとSiebelアプリケーション間で、顧客情報を一元管理します。
  • Microsoft Outlookプラグイン: ユーザーがMicrosoft Outlookの連絡先、タスクおよび予定をSiebelアプリケーションの商談およびサービスリクエストにリンクできるようにします。