Oracle Exadata Database Machine X3-8

すべてのアプリケーションに究極のパフォーマンスとスケーラビリティを

Oracle Exadata Database Machine X3-8は、大量のデータを要するデータベースの導入向けに設計されており、オンライン・トランザクション処理(OLTP)、データウェアハウジング(DW)、複合ワークロードの統合を含むすべてのアプリケーションに、卓越したパフォーマンスとスケーラビリティをもたらします。2基の8ソケット・データベース・サーバーと14台のOracle Exadata Storage Server、InfiniBandスイッチ、44TBを超えるExadata Smart Flash Cacheで構成され、きわめて高速なトランザクションのレスポンス時間と高いスループットを実現しています。

  • Oracle Exadata Database Machine X3-8
  • Oracle Exadata Database Machine X3-8
  • Oracle Exadata Database Machine X3-8
 
 
 
最新情報をフォロー:
概要
  • すべてのワークロードのパフォーマンスを10倍以上加速
  • データベースのストレージ要件を10分の1に低減
  • 問合せの同時実行数を増強
  • すべてのワークロードを1つのプラットフォームに集約してコストを削減
  • 既存のOracleデータベース・アプリケーションはそのまま実行
  • 既存のOracleリソースとスキルセットを活用
  • システム利用開始までの時間を短縮
利点
  • 業界随一のセキュリティ、高可用性、スケーラビリティを提供するOracle Databaseが大幅に強化されたため、Oracle Exadata Storage Serverの長所を最大限に発揮可能
  • Exadata Smart Scanテクノロジーにより、負荷の高い問合せ処理やデータマイニング・スコア計算がスケーラブルでインテリジェントなストレージ・サーバーにオフロードされるため、問合せのパフォーマンスが改善
  • Exadata Smart Flash Cacheにより、ホットデータが高速なソリッドステート・ストレージへと透過的にキャッシュされるため、問合せのレスポンス時間とスループットが改善
  • Exadata Hybrid Columnar Compressionにより、データウェアハウス表のサイズが10分の1に削減されるとともに、50倍の表をアーカイブできるようになるため、プライマリ、スタンバイ、バックアップの各データベースのパフォーマンスが向上し、ストレージコストも削減
  • InfiniBand Newtorkでは、InfiniBandファブリックによって複数のOracle Exadata Database Machineを接続し、単一の大きなシステムイメージを構成可能。InfiniBandリンク1つ当たりの帯域幅は40GBで、従来のストレージやサーバー・ネットワークをはるかに凌ぐスループット
Oracle Exadata Database Machineの詳細

Oracle Exadata Database Machineがビジネスにもたらすメリットについては、多数の資料が提供されています(ホワイトペーパー、カスタマー・ケーススタディ、デモ、ビデオなど)。

 
 
    E-mail this page E-mail this page    Printer View Printer View