Oracle Advanced Compression

ストレージ利用率の最大化、コストの低減、パフォーマンスの向上を自動化

Oracle Advanced Compressionを使用すると、よりコスト効率よくデータの増大を管理できるようになります。これは、あらゆる種類のデータやアプリケーションを2~4倍の圧縮率で圧縮することにより、リソース利用率を最大化するデータ管理プロセスを自動化し、ディスク領域の節約、問合せパフォーマンスの改善をおこなうことにより実現されます。

Oracle Advanced Compression
 
 
 
最新情報をフォロー:
概要
  • 高度な行圧縮によりストレージ・フットプリントを削減し、問合せパフォーマンスを向上させながら、ディスク領域とコストを節約
  • 高度なネットワーク圧縮でネットワーク・データを圧縮することにより、ネットワーク・トラフィックを低減し、狭帯域の接続でCPUパフォーマンスを大幅に向上
  • SecureFilesを使用した高度なLOB圧縮と重複排除で、非構造化データ管理用の高パフォーマンスなインフラを実現
  • ヒートマップ機能で表、パーティション、個々のブロックへのアクセスが追跡されるため、アプリケーションやエンドユーザーがどのようにデータにアクセスしているかを詳細に把握可能
  • ヒートマップ追跡機能で情報を保持しながら、自動データ最適化機能を使用して、データの圧縮と移動を自動的に実行するポリシーを設定可能
  • 履歴データの格納と監査を可能にするFlashback Data Archiveを含む
特長
  • あらゆる環境で、データベースのストレージ・フットプリントを2分の1から4分の1に削減
  • より高いディスク・スキャン率とI/Oの低減により、問合せパフォーマンスが向上
  • DML操作に対するパフォーマンスの影響を排除
  • より多くのデータを圧縮してメモリー内に格納することでディスクI/Oを低減
  • 変更をおこなわずに、任意のOLTPやデータウェアハウス・アプリケーションで使用可能
オラクルのストレージ管理製品の詳細

Oracle Database 12cは、コスト効率の高いデータベース・ストレージ管理とデータベース最適化機能を統合して、増大するデータの管理を自動化し、管理の複雑さを低減しながら、データベース・リソースの利用率を最大化して、お客様のビジネスのデータのニーズに対応します。

パートナー

20,000社以上のパートナー(1,000社以上のSpecialization認定パートナーを含む)からなるオラクルのパートナー・コミュニティは、お客様固有のビジネスニーズに応えるソリューションやサービスを提供します。

 
 
    E-mail this page E-mail this page    Printer View Printer View