Oracle Advanced Security

透過的なデータの暗号化と加工

クレジットカード、社会保障番号、PII(個人を特定可能な情報)といったアプリケーション・データの暗号化や編集(表示マスキング)が求められる、プライバシーと法規制の要件に準拠します。データベースに格納されているデータを暗号化し、データベースを離れるたびにマスキングをおこなうことで、Oracle Advanced Securityは、包括的なデータ保護のためのもっともコスト効率の高いソリューションを実現します。

  • Oracle Advanced Security
  • Oracle Advanced Security
  • Oracle Advanced Security
 
最新情報をフォロー:
  • Oracleデータベース内における、透過的なデータの暗号化と加工を実現
  • PCI DSSおよびHIPAA HITECHなどの法規制要件への対応を支援
  • パフォーマンス・オーバーヘッドが最小限で、アプリケーションの変更は不要
  • Oracle Exadata、Oracle Advanced Compression、Oracle GoldenGateなどのOracleテクノロジーと統合
透過的データ暗号化の利点
  • 表領域や列全体を暗号化することで、アプリケーション・データを迅速かつ簡単に保護
  • バックアップやエクスポートなど、データのライフサイクル全般にわたって包括的に暗号化
  • 業界トップクラスのハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)や企業規模のキー管理ソリューションとの統合
データ加工の利点
  • データベースのセッション・コンテキストに基づき、機密アプリケーション・データをリアルタイムで加工
  • ポイント・アンド・クリック方式の定義を使用した加工ポリシーのライブラリなど、ポリシー管理を簡略化
  • 企業規模の一貫したポリシーの施行をデータに直接適用
  • アプリケーション・エンドユーザーへのデータ漏洩を防止
    E-mail this page E-mail this page    Printer View Printer View