Oracle Database Vault

データ保護に関するコストを削減
オラクルのデータベース・セキュリティ・ソリューションの総合ポートフォリオの重要な一部であるOracle Database Vaultは、法規制要件に対処し、既存アプリケーションのセキュリティを強化します。SOX法やPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)、HIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act)、GLBA(Gramm-Leach-Bliley Act)、個人情報保護法、金融商品取引法(J-SOX法)などの法規制や世界各国の同様の規制は、職務分掌、その他の予防的統制によってデータの整合性とプライバシーを確保することを求めています。Oracle Database Vaultを利用すれば、Oracleデータベースに格納されたアプリケーション・データを特権データベース・ユーザーによるアクセスから保護することが可能です。あらかじめ組み込まれた時間帯やIPアドレス、アプリケーション名、認証方式などの条件に基づいてアクセス制御をおこなう、Oracle Database Vaultのマルチファクタ・ポリシーを使用すれば、通常発生しない不正なアクセスやアプリケーションの迂回を防止でき、アプリケーション・データの保護がさらに強化されます。

特長

  • Oracleデータベースに格納されたアプリケーション・データを未然に保護 ― Oracleデータベースに組み込まれた強力なアクセス制御機能を利用して、不正なデータベース・ユーザー(権限を付与されたユーザーも含む)によるアクセスを制限します。
  • 法規制要件への対処 ― 職務分掌、その他のリアルタイムな予防的統制を実施します。
  • アプリケーション・データへのアドホックアクセスの制限 ― データベース内で施行され、高度なセキュリティとパフォーマンスを実現するマルチファクタ・ポリシーにより、アプリケーションの迂回を防止します。
  • 信頼性の高い配置 ― Oracle E-Business Suite、Oracle PeopleSoft、Oracle Siebel CRMの各アプリケーションに対して認定されたデフォルト・ポリシーを使用します。