Oracle In-Memory Database Cache

Oracle TimesTenは、既存のOracleデータベース・アプリケーションを高速化するように構成できます。Oracleデータベースのパワーと機能性を維持しつつ、より高速な応答時間を達成したい場合には、Oracle In-Memory Database Cacheが威力を発揮します。キャッシュとOracleデータベースの間の自動データ同期により、データの整合性も確保されます。データをアプリケーション層に保持し、問合せをインメモリ・データベース内で処理することにより、既存のアプリケーションによる情報へのアクセス、キャプチャ、更新が大幅に短い応答時間で実行可能になります。Oracle Database Enterprise EditionのIn-Memory Database Cacheオプションは、Oracle TimesTen In-Memory Databaseをベースとしています。

特長

  • 超高速の応答時間 ― データとアプリケーションの距離を縮めます。ネットワーク・レイテンシやディスクI/Oがなくなるため、応答時間が劇的に高速化します。トランザクションがマイクロ秒単位にまで短縮されるとともに、複雑な分析問合せが思考スピードで実行されます。
  • Oracleデータベースとの互換性 ― SQLトランザクション・セマンティクスをフルサポートしているほか、OCI、Pro*C、PL/SQLによってOracleデータベースとの互換性も確保されています。
  • Oracleデータベースとの自動同期 ― メインのOracleデータベースと自動的にデータを同期します。接続が途切れた場合には、OracleIn-Memory Database Cacheによってアプリケーションとのやりとりが維持され、接続の回復時に同期がおこなわれます。
  • 既存のアプリケーションとの連携 ― Oracleデータベースとの互換性が確保されています。最小限の変更によって、既存のアプリケーションをポートおよび高速化できます。