Oracle Label Security

オラクルのデータベース・セキュリティ・ソリューションの総合ポートフォリオを構成するOracle Label Securityは、データを分類し、その分類に基づいてデータへのアクセスを制御するための使いやすく強力なツールです。マルチレベル・セキュリティと強制アクセス制御に関する公共部門の要件に対応するよう設計されたOracle Label Securityは、柔軟なフレームワークを提供します。世界中の政府組織や企業はこのフレームワークを使用して、必要性を基準にデータへのアクセスを制御することで、データ・プライバシーの保護と規制の遵守を達成しています。

特長

  • アクセスを適切な権限保有者に限定:管理者は表の各行を分類できるため、機密データへのアクセスを、適切な権限レベルのユーザーに限定できます。
  • 規制遵守の実施:ポリシーベースの管理モデルにより、必要性に基づくアクセスをアプリケーションに実装するためのカスタムデータ分類方式を組織で確立できます。
  • フレキシブル:ラベルは、マルチファクタ認可ポリシー用のOracle Database Vaultコマンドルール内のファクタとして使用できます。Oracle Label SecurityはOracle Identity Managementと統合することでポリシー定義の一元管理を可能にし、オラクルのデータベース・セキュリティ・ソリューションの総合ポートフォリオを構成します。