Oracle OLAP

複雑な分析を既存のデータベースで実行してTCOを削減
Oracle OLAPは、Oracle Database 11g Enterprise Editionのオプションであり、計画立案、予算策定、販売、マーケティングなど高度な分析アプリケーション全般をサポートする演算エンジンです。主要なビジネス傾向を明確にして、複雑なビジネスシナリオをモデル化します。Oracle Database 11gにおけるOLAPキューブを使用したマテリアライズド・ビューは、多次元データにアクセスする複雑な分析問合せのパフォーマンスを劇的に向上させます。

特長

  • データの移動と待機時間を削減 ― Oracle OLAPでは、多次元データがすべてOracleデータベースのリレーショナル・エンジンに直接格納されるため、スタンドアロンの専用OLAPサーバーにデータを移動する必要がなくなります。意思決定者は、品質の高い情報により高速にアクセスできます。
  • ITのコストと複雑さを軽減 ― Oracle OLAPを使用すれば、コストを削減してIT環境を大幅に単純化できます。Oracle OLAPでは、追加のハードウェアを購入する必要がなく、単一のサーバーとセキュリティ・モデルを維持するだけで済みます。また多次元データ型へのSQLアクセスもサポートしているので、これまでに投資したSQLツール、アプリケーション、スキルを有効に活用できます。
  • グリッド・コンピューティングによるエンタープライズ規模の分析 ― 意思決定者にデータへのアクセスを提供しても、データが利用できなければ意味がありません。Oracle OLAPとOracle Real Application Clustersの組合せは、大規模多次元データベース(Very Large Multi-dimensional Databases: VLDM)の基盤となり、何千もの同時ユーザーが継続的に情報にアクセスできます。