Oracle SpatialおよびOracle Locator

ロケーション情報を活用してオラクル製品への投資効果を高める
Oracleデータベースのすべてのエディションに搭載されているOracle Locatorは、多くのビジネス・アプリケーションのロケーション対応に必要なマッピング機能を提供します。また、Oracle Database 11g Enterprise Editionのオプションとして提供されるOracle Spatialは、3DやWebサービスを完全にサポートし、ベクトルおよびラスター・データ、トポロジ、ネットワーク・モデルを含むあらゆる地理空間データの管理に対応しています。Oracle Spatialは、土地管理、公共事業、安全保障などのアプリケーションにおける高度な地理情報システム(GIS)のニーズを満たすよう設計されています。オラクルのオープンでネイティブな空間フォーマットにより、複数の専用システムを維持するコストが不要となります。また、このフォーマットはすべての主要GISベンダーにサポートされています。ミッションクリティカルな空間情報資産に業界トップクラスのセキュリティ、パフォーマンス、スケーラビリティ、管理性を提供できるのはオラクルだけです。

Oracle Database 11gのリリースにともない、Oracle Spatialはさらに優れたパフォーマンス、管理、ネットワーク・アプリケーション、ルーティング、ジオコーディングを実現します。新機能には、ポイント・ジオコーディング、トラックルート決定アプリケーションのサポート、3Dモデリングと仮想化に対応したインフラなどがあります。GeoRasterは新しいJava APIを搭載しており、GDALオープンソースETLツールでサポートされます。また、Oracle Spatialのセマンティック・テクノロジーにより、セキュリティの強化、ドキュメントの索引付け、コラボレーションのための変更管理、標準サポートの充実、パフォーマンスの大幅な高速化が可能になります。

特長

  • 管理およびインフラ・コストの削減 ― Oracle Spatialを使用して空間データ資産を整理、統合
  • ビジネスプロセスの合理化、品質とサービスの向上 ― アプリケーションに、ロケーションに関する情報を統合
  • 全社に空間資産情報を提供 ― 追加の専用ソフトウェアを導入せずに、すべての従業員が空間データを活用することが可能
  • 最高のセキュリティ、拡張性、パフォーマンスを提供する製品で空間情報を管理 ― オラクルのテクノロジーとスキルへの投資を有効活用