Oracle TimesTen In-Memory Database

アプリケーション層データベース

Oracle TimesTen In-Memory Databaseは、アプリケーション層で実行されるフル機能のリレーショナル・データベースで、すべてのデータがメインメモリに格納されます。これにより、レイテンシが大幅に低減され、スループットが向上します。

Oracle TimesTen In-Memory Database
 
最新情報をフォロー:
  • Oracle TimesTen In-Memory Databaseでは、データがアプリケーション層のメインメモリに格納され、ネットワーク・レイテンシやディスクI/Oがなくなるため、トランザクションがマイクロ秒単位にまで短縮され、複雑な分析問合せが思考スピードで実行されます
  • データやトランザクションをディスクに記録し、完全なリカバリを可能にすることで、エンタープライズ・クラスの信頼性と可用性を実現します。また、高速なレプリケーションにより、Oracle TimesTen In-Memory Databaseは、高度な可用性と迅速なフェイルオーバーの両方をカバーした構成が可能となっています
  • Oracle TimesTen In-Memory DatabaseはOracle Exalytics In-Memory Machineに組み込まれており、Oracle Business Intelligence Standard Editionユーザーは、複雑な分析問合せをリアルタイムのスピードで実行できます
  • Oracle TimesTen In-Memory Databaseでは、SQLトランザクション・セマンティクスをフルサポートしているほか、OCI、Pro*C、PL/SQLによってOracleデータベースとの互換性も確保されています
  • Oracle Database Enterprise Edition用のハイパフォーマンス・キャッシュとして使用すると、既存のOracleデータベース・アプリケーションが高速化されます(Oracle In-Memory Database Cacheを参照)

最新情報

Oracle logo

プレスリリース

KDDI、Oracle SuperClusterをOracle TimesTen In-Memory Databaseとともに使用

詳細
ビデオ: Oracle TimesTen In-Memory Database (3:11)
    E-mail this page E-mail this page    Printer View Printer View