ミドルウェア管理

WebLogic ServerおよびSOAアプリケーション管理の省力化
Oracle Enterprise Manager 11gはOracle Fusion Middleware 11gを管理する完全な統合ソリューションを提供します。ビジネス・トランザクション管理、モデル主導型アプリケーションのパフォーマンス管理、オーバーヘッドのほとんどないJava診断など、独自の機能を使用してすべてのオープンスタンダード・ミドルウェアを統合されたコンソールで管理できます。

Oracle Enterprise ManagerがOracle WebLogic Serverの最高の管理ソリューションである理由を説明します。データシートを読む

特長

  • 管理を簡素化 ― Oracle SOA SuiteとOracle WebCenter SuiteにおけるBPELプロセス、ADFタスクフロー、ポータル・デスクトップ、パートナーリンクの自動検出、Oracle Service Busの完全な管理機能などの最新機能により、WebLogicおよびSOA環境を1つのソリューションで管理できます。
  • ビジネス・トランザクションの状態を保証 ― コンポジット・アプリケーション全体にわたって処理中のビジネス・トランザクションを積極的に監視および管理します。基礎となるインフラにドリルダウンして調査し、深刻化する前に問題を修正します。
  • 稼動時間の最大化 ― エンドユーザー操作、中間層、データベース間の複数の階層をまたがった要求の関連づけや、メモリリークを検出、分析するための差分ヒープ分析など、コンポジット・アプリケーション環境を完全に可視化することで問題を迅速に解決します。

製品

ソリューション