大手アナリスト会社 IDC 発行の新レポート「Worldwide Application Server Middleware and Application PaaS 2011 Vendor Shares」において、オラクルはアプリケーションサーバー・ソフトウェア市場でナンバー1の市場シェアを達成

報道資料

  • IDC(*)によると、オラクルは2011年の世界のアプリケーションサーバー・ソフトウェア市場でナンバー1の売上を上げており、その市場シェアは38.3%に及びます
  • オラクルはアプリケーションサーバー・ソフトウェア・プラットフォームの分野で2011年に11.7%の成長率を記録し、ナンバー1の座を維持し続けています
  • 地域別に見ると、もっとも成長が著しかったのはAPACで、18%を超える成長率を記録しました。そのほか、アメリカ地域(LADを含む)が11.0%、EMEAが9.5%の成長を遂げています
  • このレポートによると、オラクルは第2位のベンダーに市場シェアで9ポイント以上の差をつけ、他社との競合においても勝利を収めています

参考資料


オラクルについて
オラクルは、クラウド環境と皆様のデータセンターの両方においてハードウェアとソフトウェアが連携して稼働するよう設計します。オラクル(NASDAQ:ORCL)に関するより詳細な情報については、http://www.oracle.comをご覧ください。


商標
OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

(*) 出典: IDC: "Worldwide Application Server Middleware and Application PaaS 2011 Vendor Shares," doc #235496, June 2012