Oracle JRockit製品

オラクルは、Java Platform, Standard Edition(Java SE)をサポートする意欲的なコミュニティに積極的に関わっています。今後もJava Development Kit(JDK)とJava Runtime Environment(JRE)の無償ダウンロード提供を続けるとともに、OpenJDKプロジェクトを介してJava SEのオープンソース実装も引き続きサポートしていきます。サンの買収により、オラクルはJava仮想マシン(JVM)の2大実装を保有するようになりました。Java HotSpot VMとOracle JRockit JVMです。短中期的には、戦略的なJVMとしてこの両方に積極的な投資を続けます。長期的には、2つのJVMの機能とコードベースを統合する計画です。Java HotSpot VMについての詳細は、こちらを参照してください。

Oracle JRockitは、Java SEランタイム・ソリューションの包括的な製品ファミリーです。ベースとなるJRockit JVMは、SPECjbb2005などの業界標準ベンチマークで最速を記録しているJVMです。JRockit Real Timeはミリ秒またはマイクロ秒レベルでJavaに対する確実なレスポンス時間を提供し、金融、軍事、通信など待ち時間が重視される用途に適しています。JRockit製品を導入したお客様からは、劇的なパフォーマンス向上(場合によっては70%を上回る)と、50%ものハードウェア費用の削減が報告されています。

特長

  • 予測可能かつきわめて短い待ち時間:アプリケーション実行を確実に高速化します。
  • コーディング不要:コーディングすることなく、最小限の構成のみであらゆるJVMのスワップアウトが可能であり、即座にパフォーマンスが向上します。
  • 高度な管理ツール:パフォーマンスに影響を与えることなく、本番環境におけるアプリケーション・パフォーマンスの監視および調整をおこなえます。

JROCKIT製品