Oracle Portal 11g

Oracle Portal 11gは、Oracle WebLogic Serverと緊密に統合されたポータルを作成、デプロイ、管理するための、完全なポータル・フレームワークを提供します。ポータルのWebインタフェース作成と動的データへのアクセスを可能にするリッチな宣言型の環境が用意されており、拡張性に優れたアーキテクチャ・フレームワークによってJ2EEベースのエンタープライズ・アプリケーション・アクセスもおこなえます。Oracle Portal 11gのリリースは、継続的なメジャー・リリースおよびマイナー・リリースによって製品機能を大幅に拡張することで、Oracle Portalをフルサポートしていくというオラクルの計画に則ったものです。

Oracle Portal 11gにより、ユーザー企業はOracle WebCenter Services 11gを使用してEnterprise 2.0機能を既存のポータルに追加したり、Oracle ApplicationsおよびOracle Fusion Middlewareとの統合強化を通じて既存のテクノロジー投資やアプリケーション投資を有効活用することができます。さらに、Oracle Universal Content Managementやその他のサードパーティ製コンテンツ・リポジトリとの認定済み相互運用性を利用してコンテンツ管理機能を拡張することも可能です。

Oracle Fusion Middleware 11gに関する新しいリソースにアクセスし、最新のイノベーションのすべてをご覧ください。

特長

  • ポータルの作成と管理が容易: 役割に応じたインタフェースで、営業担当者からIT開発者まで幅広いユーザーがポータルの作成、構成、カスタマイズ、管理を簡単におこなえます。
  • コストと複雑性の低減: 事前統合済みのポータル・ソリューションで、エンタープライズ・ポータルを迅速に構築して配布できます。このエンタープライズ・ポータルには強力なビジネス・インテリジェンス、検索、コンテンツ、Wiki、ブログ、コラボレーションおよびセキュリティ機能が用意されており、即時利用可能で設定は不要です。
  • オープンスタンダードで投資を保護: JSR 168/301やWSRP 1.0/2.0などのオープンスタンダードをサポートしているため、統一された直感的なユーザー・インタフェースを介して異種アプリケーションやサービスをシームレスに公開し、ポータルと既存のIT投資とを統合できます。