Oracle Service Analytics

コストを削減しながら顧客サービスの向上を実現
企業が効果的に競合に打ち勝つためには、コストを低く抑えながら、かつ優れた顧客サービスを提供しなければなりません。 Oracle Service Analyticsは、企業全体にわたる包括的な顧客サービス・ソリューションを、8種類の双方向ダッシュボード、数百の重要業績評価指標と102種類を超えるレポートとともに提供します。 顧客サービスの効率性を統合的に参照することで、サービス・コストを削減しつつサービス・レベルを向上し、顧客の満足度の向上を図り、結果として顧客1人あるいは1社当たりの収益増大を実現します。

特長

  • サービスの効果: サービス要求の経過時間や平均解決時間といった主要な指標に基づいてサービス・センターを監視、分析、管理することで、顧客満足度を向上させながら同時にコストを削減します。
  • 従業員への効果: 顧客サービス担当者(CSR)のパフォーマンスを理解することで、従業員の生産性や効率性、トレーニング・プログラムやリテンションを改善します。
  • 顧客への洞察: 顧客アカウント、潜在価値、追加製品購入の可能性に関する包括的な情報をCSRに提供することにより、問題解決の迅速化とクロスセル成約率の向上を図ります。