Oracle Supply Chain Analytics

複雑なサプライ・チェーンを効果的に管理
Oracle Supply Chain Analyticsを使用すれば、組織の複雑なサプライ・チェーンをより効果的に管理することができます。 在庫、購買と支出、調達、仕入先の実績評価に対する最新の洞察を得ることによって、顧客との取引条件をよりよく管理できると同時に、在庫および仕入先に対する支払いが最適化されます。 さらに、事前定義された150種類を超えるレポートと3種類のダッシュボードによって、販売、物流、調達、製造、品質保証に関する包括的な情報を把握できます。

特長

  • 調達と支出: 直接支出および間接支出に関する詳細な可視性を取得し、支出の集約とコスト削減の機会を特定します。
  • 仕入先パフォーマンス: 価格、納入、製品の品質を監視し、パフォーマンスが最大あるいは最小の仕入先を特定します。
  • 在庫: 在庫関連の作業を可視化することにより、不必要な支出を最小限に抑え、在庫を最適化して運転資金を節約します。