Oracle Hyperion Data Relationship Management

企業が成長と進化を遂げるにつれて、M&Aや部門別の取組み、レガシーシステムの普及などによって生じた情報の垣根を越えてマスターデータを管理することがきわめて重要になります。そのなかでデータの一貫性、整合性、品質、正確性が低下すれば、そのデータから得られる情報やインサイトを誰も信頼しません。Oracle Hyperion Data Relationship Management(旧Hyperion Master Data Management)は、基盤となるトランザクション・システム、分析システムで絶えず加えられるマスターデータの変更に関係なく、企業がマスターデータ資産の一貫性を確保することのできるソリューションを提供します。

とくに、Oracle Hyperion Data Relationship Managementは変化の速いダイナミックなビジネス環境での財務/分析マスターデータ管理を可能にする、業界初のデータモデルを意識しないマスターデータ管理ソリューションを提供します。

財務マスターデータ管理
勘定科目表、コストセンター、法的エンティティの全社的なビューとともに、一般会計システムや財務連結、計画立案、予算編成システムにまたがった財務・報告構造の一貫した定義に基づいて、継続的な財務管理と財務連結を管理するためのビューを構築できます。

分析マスターデータ管理
Oracle Hyperion Data Relationship Managementのデータモデルを問わない基盤を用いて、分析ディメンション、報告構造、業績指標、そしてこれらに関連する属性や階層の全社的なビューを構築できます。また、企業のガバナンスポリシーを徹底するための検証やビジネスルールに基づいて、マスターデータ構造の参照整合性と一貫性を維持する部門レベルの視点を確立できます。マスターデータをビジネス・インテリジェンス(BI)/エンタープライズ・パフォーマンス管理(EPM)システム、データウェアハウス、データマートなどの下流のシステムと同期して、信頼の置けるインサイトを得ることも可能です。

特長

  • 変更の管理と制御—部門の枠を超えた視点を1つのマスターレコードに一元化しながら、ユーザーが変更を加えたり、一貫した正確なデータのビューを部門レベルでも構築できるような自由を確保
  • ベスト・オブ・ブリードの階層管理—ドラッグ・アンド・ドロップ方式の階層メンテナンスにより、マスターデータの変更を簡素化。バランス階層と不規則階層のどちらに対しても、参照整合性を維持したまま並べて比較することやワンクリック・ナビゲーションが可能
  • 監査とコンプライアンス—任意の時点でのバージョニングとロールバックの保存、マスターデータ要素の変更の記録をはじめとして、問合せ、比較、あらゆるマスターデータ変更の完全な履歴管理が可能なフレームワークを提供
  • ワークフローの統合—Webサービスを使用した、ワークフロー・ツールとのホットプラガブルな統合

概要

統合
  • ドメインを問わないマスターデータ・リポジトリ
  • ウィザード方式のメタデータ/マスターデータ構成
  • バッチ/ファイル・インポート
  • 一括/増分更新
  • メタデータ移行用のアプリケーション・テンプレート
  • SOA統合用のSOAP/COM API
合理化
  • ビジネスユーザー・インタフェース
  • 自動属性メンテナンス
  • 高度な階層管理
  • 変更の比較と混合/マージ
  • ビジネスルールと検証によるポリシーの徹底
  • 合理的なメンテナンス構造の構築
ガバナンス
  • ワークフローによる変更要求/承認の管理
  • きめ細かなデータ・セキュリティによるアクセス制御
  • what ifシナリオの実行または予定した変更の任意の時点へのロールバック
  • 完全な履歴と任意の時点でのバージョニングに基づいた、一定期間内の変更の把握
  • 包括的な監査証跡とレポートを使用した法規制へのコンプライアンス
共有
  • 確実で繰返し可能、かつ透過的なデータ使用を可能にするターゲット別のエクスポート
  • ブックを使用して関連のあるエクスポートを1つにまとめ、複雑なデータ使用ターゲット(DWなど)に対応
  • ファイルまたはターゲットスキーマへのエクスポートの公開をスケジュール
  • 包括的なWebサービスAPIを通じてSOA交換を実現

DRM関連ソリューション