Oracle Procurement and Spend Analytics

調達から支払いまでのプロセス全体の可視化
Oracle Procurement & Spend Analyticsは、Oracle BI Applicationsの製品ラインの一部で、企業のバリューチェーン全体のデータを統合して、経営陣から管理者、現場の従業員に至るすべての人材が詳細な情報に基づいて実用的な決定を下せるようになるため、供給側のパフォーマンスを最大限に高めることができます。Oracle Procurement & Spend Analyticsは、広範な調達と支払いの分析、サプライヤーの実績分析、サプライヤーの支払能力分析、従業員の購入支出の分析などを含め、調達から支払いまでのプロセス全体の可視性を高めます。企業の業績に影響を与えるさまざまな要因を細部まで十分に洞察することによって、コストを大幅に削減し、利益率を拡大できます。また、顧客満足度を高め、競争上の優位性を確保することもできます。

特長

  • 調達と支払いの包括的なビュー:直接経費と間接経費を詳細に表示し、コストの統合整理や削減の機会を見極められます。
  • 調達パフォーマンスの改善:より強力で戦略的なソーシング・イニシアチブで企業の支出を削減できます。調達のボトルネックを識別し、大きな問題になる前に積極的に是正措置を実施できます。
  • サプライヤー・パフォーマンスの洞察力の強化:価格、配送、製品の品質を監視して、パフォーマンスが最高および最低のサプライヤーを特定できます。契約の利用方法やコンプライアンスを改善できます。
  • 従業員の購入支出の管理:従業員の購入支出を完全に把握することで、交通費や経費がどのように使用されているか確認できます。