Oracle Service-Oriented Architecture(SOA)

クラウド、モバイル、オンプレミスの統合を簡素化

最新情報をフォロー:

当初の目標がアプリケーションの統合であろうと、さらに広範な作業(既存のアプリケーション・インフラとともにサービス指向アーキテクチャ(SOA)プラットフォームを共有サービス内に階層化するなど)であろうと、オラクルは統合ロードマップ戦略を支援する柔軟なソリューションを提供します。

Oracle SOAが選ばれる理由

Oracle SOAは、企業内、クラウド内におけるサービスとアプリケーションのやりとりを仲介、ルーティング、管理することで、複雑なアプリケーション統合を俊敏で再利用可能なサービスベースの接続に転換します。アプリケーション統合の要件はこの10年で大幅に拡大し、ビジネス・アクティビティ監視やイベント処理、ビジネスルール、B2B統合などのサポートも求められるようになりました。企業は現在、これらの要素を相互に結びつける、開発、ランタイム、監視、管理用の統一されたインタフェースを必要としています。単一インタフェースを備えた統一的なアプローチを提供し、現在から将来にわたって統合のあらゆる要件に対応できるのはオラクルだけです。これにより、リスクの軽減、市場投入までの時間短縮、ビジネス要件への対応の迅速化、総保有コストの削減が可能になります。


Application Integration and SOA
アプリケーション統合とSOA

Oracle SOA Suiteは、クラウドからオンプレミス、B2Bまでを統一的に統合できるようにすることで、接続を簡素化します。そのほか、この統一プラットフォームには、共有サービスの基盤となるエンタープライズ・サービス・バス、ビジネス最適化のためのプロセス・オーケストレーション、ビジネスの俊敏性を高めるビジネスルール、ロールベースのビジネス可視化を実現するビジネス・アクティビティ監視などのコンポーネントが組み込まれています。


Cloud Integration
クラウド統合

オラクルは、クラウドおよびオンプレミスの分散したアプリケーションを統合できる、一体的な総合ソリューションを提供することでクラウド統合を簡素化します。オラクルのクラウド統合では、Oracle Cloudサービスだけでなく、オラクルのSOA、BPMおよびデータ統合テクノロジーのコンポーネントも使用します。


SOA Governance
SOAガバナンスとAPI管理

APIのライフサイクルを管理してビジネスとITの目標を合理化するとともに、サービスのガバナンスを強化することが可能です。また、アプリケーションにモバイル・インタフェースを追加し、シームレスなAPI有効化によって新たな収益の機会を得ることができます。


Event Processing
イベント処理

Oracle Event Processingは、高パフォーマンスなイベント・プラットフォームです。開発者はこの包括的なソリューションを使用して、エンタープライズ内のイベントのなかから有意なビジネス情報をフィルタリングし、それらの相関関係を分析、処理して、真のリアルタイム・インテリジェンスを提供するためのアプリケーションを構築できます。


    E-mail this page E-mail this page    Printer View Printer View