Previous Feature 1 2 3 Next Feature

Enterprise 2.0:ユーザー・インタラクションとポータル

オラクルが選ばれる理由

完全かつオープン

オラクルは、Oracle WebCenter Suite(旧BEA AquaLogic User InteractionであるOracle WebCenter Interactionを含む)、Oracle WebCenter Services、Oracle WebLogic Portal、Oracle Portalなどのユーザー・インタラクションおよびポータル製品のポートフォリオを提供しています。これは、業界で唯一の包括的でオープン、かつ管理可能なポートフォリオです。

Oracle WebCenter SuiteおよびOracle WebCenter Servicesは、Enterprise 2.0を使用可能なポータル、複合アプリケーションおよびWebアプリケーション開発のための、オラクルの戦略的ソリューションです。Oracle WebCenter Suiteは、ユーザー・インタラクション・コンポーネントの包括的なセットです。これらのコンポーネントを使用して、事前設定済みのエンタープライズ・ポータルや、高度にカスタマイズされたWebベースのアプリケーションを作成することができます。Oracle WebCenter Servicesは、コミュニティ・ベースのインタラクション、Web分析、コンテンツ管理、ソーシャル・ネットワーキングといった高度なEnterprise 2.0のユーザー・インタラクション・サービスをもつ、あらゆる標準ベースのWebインタフェースで使用できます。

オラクルは、引き続きOracle WebLogic PortalおよびOracle Portalを開発、サポートしていきます。将来的には、これらの製品とオラクルの戦略的ソリューションを統合する予定です。これらの製品をすでに導入済みの場合、Oracle WebCenter ServicesやOracle Content Managementなどの補完的な製品を活用することができます。

オラクルのミドルウェア戦略における、Oracle WebCenter SuiteおよびOracle WebCenter Servicesの役割についてはこちらを参照してください。

  • 迅速に導入可能な事前設定済みのインタフェースと、高度な開発を伴うカスタム・インタフェースの両方をサポート
  • 既存のITリソースおよびITスキルの活用を可能にする高い柔軟性
  • 強力な使用状況分析機能、およびOracle Enterprise Managerとの統合による管理の簡素化
  • 他のOracle Fusion Middleware製品と完全に統合済み
  • Siebel、PeopleSoft、Oracle E-Business Suite、JD EdwardsといったOracle Applicationsと統合済み

USER INTERACTION AND PORTAL PRODUCTS