Oracle ZFS Storage Appliances

アプリケーション・エンジニアド・ストレージ

特長 利点
オラクルのソフトウェア、エンジニアド・システム、サーバーとの連携

ビジネス・パフォーマンスを加速させ、生産性を向上させて、ITコストを削減かつリスクを軽減し、市場投入までの時間を短縮

Oracle Database Hybrid Columnar Compression専用のサポート

ストレージのコストと容量を12分の1まで低減し、競合製品と比べてデータベースのパフォーマンスが5倍加速

独自のOracle Database 12c通信プロトコル (Oracle Intelligent Storage Protocol)

データベースの設定とチューニング作業を65%以上削減し、市場投入までの時間を短縮するほか、管理上のオーバーヘッドを軽減

フラッシュ用に最適化されたアーキテクチャ

あらゆるワークロードに対応するハイパフォーマンス

DRAM、フラッシュおよびハードドライブを自動的に使用するハイブリッド・ストレージプール

管理の複雑さやリスクをなくし、動的かつインテリジェントに高パフォーマンスと高可用性を実現

DTrace Analyticsの高度な管理と監視

迅速なチューニングおよびトラブル・シューティングにより、NetAppに比べて36%低いストレージ管理コストを実現

GbE、10GbE、8Gbおよび16Gbファイバチャネル、InfiniBandなど、複数のネットワーク相互接続にわたる、マルチプロトコルの同時サポート

複数のストレージ相互接続を1つのシステムに統合し、デプロイを簡素化してリスクを減らすことで複雑さを低減

高度なエラー検出と自己回復機能を備えたZFSファイルシステム

検出されないデータ破損のリスクを事実上なくし、ストレージ障害からの修復を自動化

ビルトインの高度なデータサービス

容量およびデータ保護を最適化して、コストを削減し、SLAを達成

 
 
 
    E-mail this page E-mail this page    Printer View Printer View