StorageTek T10000Cテープ・ドライブ

コストの削減、バックアップ期間の短縮、競争優位性の獲得

オラクルのStorageTek T10000Cテープ・ドライブを使用すると、設置スペースを増やさずにストレージの容量とパフォーマンスを強化することができます。StorageTek T10000Cテープ・ドライブは、業界最高の5TBのネイティブ容量を備えており、データ量が増え続ける24時間365日のデータセンター業務に最適です。また、最大240MB/秒のネイティブ・スピードで並外れたパフォーマンスを発揮します。

おもな用途

  • アーカイブ
  • バックアップとリカバリ
  • 障害回復/ビジネス継続性
  • コンプライアンス

特長

  • 他のテープ・ドライブを25%以上上回る、世界最大の5TB(非圧縮時)の容量
  • 並外れた240MB/秒のネイティブ(非圧縮時)スループット
  • メディアの再利用と幅広い互換性によって投資を保護
  • 暗号化サポートの統合によりセキュリティを強化し、データを確実に保護

システムのおもな機能と利点

機能 利点
5TBのネイティブ容量 スロットやカートリッジの数を減らして競合製品の3倍のストレージ容量を確保し、既存のライブラリのスペースを最大限に活用
240MB/秒のネイティブ・スループット 市場の製品の2倍近いパフォーマンスを発揮し、バックアップ期間を40%以上も劇的に削減
StorageTek T10000AおよびT10000Bテープ・ドライブとの下位読取り互換性 古いメディアと新しいメディアを一緒に利用することで、メディア投資を最大限に活用
大規模な2GBバッファ・キャッシュ データをキャッシュに取り込むことで、ボトルネックを緩和し、ストリーミングを改善するとともに、開始/停止とバックヒッチングの動作をほぼ解消
データ整合性の検証 50~70%のパフォーマンス高速化により、バックアップ期間を33%以上も劇的に短縮
FCとFICONのネイティブ互換性 オープン・システムにもメインフレームにもネイティブに接続
StorageTek File Sync AcceleratorとStorageTek Tape Application Accelerator 開始/停止の回数を減らすことで、ドライブのパフォーマンスを改善し、テープ・ドライブとメディアの摩耗を低減
StorageTek Tape Tiering Accelerator ドライブをパーティション化することで、もっともアクセス頻度の高いデータに最速でアクセスできるよう、テープ上のデータ配置を最適化
StorageTek In-Drive Reclaim Accelerator テープの空き領域にデータを書き込めるため、再生処理が最小限に抑えられ、期限切れのデータの上書きが可能に

おもな仕様

  • 5TBのネイティブ容量
  • 240MB/秒のスループット
  • 組み込みの暗号化テクノロジー
  • 同じハードウェアでFICONとファイバ・チャネルをサポート

仕様の詳細