Oracle Fusion Middlewareの障害回復のためのSun ZFS Storage Applianceソリューション

コスト効率に優れた障害回復のためのプラットフォーム

Oracle Fusion MiddlewareはOracleアプリケーション・インフラの要です。サイト障害時にこのインフラを守ることは、ビジネスの継続性を実現し、SLAを満たすうえできわめて重要です。Oracle Fusion MiddlewareインフラをSun ZFS Storage Appliance上に配置することで、インフラ・データはSun ZFS Storage Applianceのリモート・レプリケーション機能を用いてリモートサイトにレプリケートされ、データベース・コンポーネントはOracle Data Guardによりレプリケートされます。柔軟なアーキテクチャとそれに含まれる機能、そしてSun ZFS Storage Appliance製品ラインの機能により、Oracle Fusion Middleware環境の障害回復でOracle Data Guardを補完する理想的なプラットフォームになります。

おもな機能

  • Sun ZFS Storage Applianceに含まれるスナップショットおよびリモート・レプリケーション・サービスに基づいて、Oracle Fusion Middlewareのバイナリおよびメタデータを保護して障害から回復できます。
  • Oracle Data Guardに基づいてデータベースを障害から回復できます。
  • Sun ZFS Storage Appliance製品ラインでは、データサービス(レプリケーション、シン・プロビジョニング、スナップショット、クローニング、圧縮など)は個別にライセンスされていません ― これらのサービスがすべて含まれています。
  • 事前定義済みのスクリプトにより、Oracle Fusion Middlewareを使用した障害回復プロセスが自動で管理されます。

おもな特長

  • Oracle Fusion Middleware環境におけるリカバリ時間短縮の目標とリカバリ・ポイントの目標達成を保証
  • 計画停止や計画外停止を最小化
  • レポート、テストおよび開発のための障害回復サイト・インフラの使用率を最大化
  • 本番OLTPサイトをオフロードし、トランザクション中心の処理を実現