データベースのバックアップとリカバリのためのSun ZFS Storage Applianceソリューション

コスト効率に優れたOracle Recovery Managerのパートナー
Oracle Recovery Manager(RMAN)とオラクルのSun ZFS Storage Appliance製品ラインを組み合わせれば、Oracle RMANデータセットの整合性を保証する独自のエンド・ツー・エンドのソリューションになります。データベース・レベルにおいて、Oracle RMANではバックアップやリストア中のブロックレベルでの破損検出が可能で、ファイルの多重化とバックアップセットの圧縮をおこない、パフォーマンスと領域消費を最適化します。このデータは、Sun ZFS Storage Applianceに渡されます。Sun ZFS Storage Applianceは、業界最高レベルのディスク上のデータ整合性を実現し、自己回復ファイルシステム機能を備えています。これが、Oracle RMANのデータベース・バックアップおよびリカバリにとって理想的なディスク・ターゲットとなる理由です。このソリューションによりトランザクションの整合性が保証され、データベース・リカバリに必要なすべての情報がいつでも管理されます。

特長

  • Oracle RMANにとって、Sun ZFS Storage Applianceはコスト効率のよい高性能ディスク・ターゲット
  • ソリューションの実装に追加のライセンスやサードパーティのソフトウェアは不要
  • ビジネスの継続性と障害回復を実現するためのレプリケーション機能は、追加料金なしでSun ZFS Storage Appliance製品ラインに含まれる
  • データベースのバックアップとリカバリのためのZFS Storage Applianceソリューションは、オラクルによってテストと検証がおこなわれてサポートされる

おもな特長

  • 組込みのソフトウェア・データサービス、通信プロトコル、および生産性を向上させる機能を活用することで、コストを大幅に削減
  • 消費電力を最大80%削減
  • 領域に関する要件を最大70%削減
  • バックアップ/リカバリの時間を短縮し、より短い期間でバックアップを完了
  • オラクルのストレージ分析ツールを使用して3倍のデータベースを同時にバックアップ