Oracle Forms

Oracle Developer Suiteのコンポーネントの1つであるOracle Formsは、エンタープライズ・アプリケーションの設計、構築を短期間で効率的におこなうためにオラクルが長年にわたり築き上げたテクノロジーです。 ミッションクリティカルなFormsベースのアプリケーション(Oracle E-Business Suiteを含む)をサポートする大規模かつ活動的な顧客ベースによって、オラクルはこれからもFormsテクノロジーをサポートし、向上していきます。

Oracle Formsは、敏捷性の向上や優れた意志決定を促し、今日の多様なIT環境におけるコストやリスクを削減するOracle Fusion Middleware製品ファミリーの構成要素です。

既存のForms資産の維持
オラクルのFormsテクノロジーに対する継続的な取り組みによって、現在のFormsアプリケーションをアップグレードおよび統合して既存のForms投資を活用することが可能になりました。 アプリケーションをWebに配置できるだけでなく、Webサービスで構築されるSOA(サービス指向アーキテクチャ)環境にも適合できます。

Formsの知識のJavaへの活用
IT戦略においてJavaベース・テクノロジーの利用の増加に追従するように、Oracle JDeveloperのビジュアルな宣言型ツールがForms開発者に使い慣れた生産的なプログラミング環境をもたらしています。 Oracle TopLinkとOracle Application Development FrameworkがJ2EEの複雑性を緩和するため、開発者はOracle Formsでつちかった多くのスキルを使用して新規のJavaアプリケーションを構築できます。