Oracle Real-Time Decisions

オラクルのReal Time Decisions(RTD)プラットフォームは、ルールと予測分析を組み合わせることで、リアルタイムのエンタープライズな意思決定管理に対応する強力なソリューションを実現します。RTDでは、リアルタイムのインテリジェンスがあらゆるタイプのビジネスプロセスや顧客対話にわたって活用されます。高性能のトランザクション・サーバーにより、リアルタイムの意思決定とリコメンデーションが可能になります。このサーバーは、ビジネスプロセスにおける意思決定と洞察の提示を自動的におこない、プロセスを流れるデータから実用的なインテリジェンスをリアルタイムに作成します。

特長

  • 自己学習型予測分析 ― 予測モデルを自律的にリアルタイムで更新することにより、個別の対話処理から自動的に学習します。
  • マルチチャネル・サポート ― 共通の意思決定ロジックおよびメタデータを使用しながら、チャネルごとの学習モデルを提供し、マルチチャネルの意思決定アプリケーションをサポートします。
  • 時間認識学習 ― 最近の行動を重視するスライド式タイムウィンドウの採用により、モデルをリセットして古い影響を除去する必要がなくなります。
  • ビジネス目標の調整 ― 「サービスコストを削減しながら収益を向上させる」など、相反するビジネス目標を管理します。
  • ルール主導の意思決定とモデル主導の意思決定のバランス ― ユーザー定義のビジネスロジックと実証的なデータに基づく予測モデルのバランスをとることができます。
  • サービス指向のJ2EEアーキテクチャ ― 業界標準のJ2EEアプリケーション・サーバー(Oracle Application Server、BEA WebLogic、IBM WebSphereなど)を利用したサービス指向アーキテクチャ(SOA)をベースに構築されています。