Oracle Supply Chain and Order Management Analytics

実績ベースの実行可能な分析情報により、サプライチェーンを改善
Oracle Supply Chain and Order Management Analyticsでは、注文/在庫データを深く分析して、受注サイクルの各ステージにおける意思決定をより適切におこなうことができます。Oracle Supply Chain and Order Management Analyticsを使用すると、在庫レベルを評価して、注文が確定される前に製品履行ニーズを推定し、受注残となる可能性をすばやく特定して、売掛金(A/R)と売上債権回転日数(DSO)を完全に把握できます。また、実績ベースの実行可能な分析情報を利用することで、現行のサプライチェーン/受注管理プロセスを変革し、財務パフォーマンスと顧客満足度を改善できます。

特長

  • ビジネス・パフォーマンスの改善 ― 受注入力から確定までを迅速化し、現金化までのサイクル中に存在するボトルネックを減らすことで、収益認識を改善します。
  • 受注処理の改善 ― 在庫不足から慢性的に受注残を生じさせる製品について、在庫管理を改善します。
  • 在庫管理の改善 ― 在庫活動への可視性を確保することにより、不必要な支出を減らすだけでなく、在庫を最適化し、運営資本を節約することができます。