Oracle Procurementアプリケーション

オラクルが選ばれる理由

オラクルは調達アプリケーションのNo.1

オラクルは、調達コストを削減する統合された調達アプリケーションを提供します。Oracle Procurementスイートは、バックオフィスとの統合、業種固有の機能、そして企業ニーズに沿った柔軟性を兼ね備えています。

  • オラクルが提供する調達パッケージは、財務管理、生産管理、在庫管理、その他の基幹業務機能と統合されています。
  • それぞれの企業のニーズに応じて、オンデマンド、オンプレミス(自社運用)、あるいはその組合せが可能です。どの運用形態を選択しても、アプリケーションを強化する柔軟性をもっています。
  • 固定資産や直接材、間接材あるいはサービスなど、あらゆるカテゴリーの調達に対して、調達から決済までのすべてのプロセスをサポートします。
  • 「オラクルの調達管理は、オラクル以外の環境下においても調達アプリケーションの採用候補とすべき競争力をもっています」(AMR Research)
  • 「オラクルユーザーは、Oracle iSupplier Portalがもつサプライヤー管理の業務効率の促進効果を評価すべきです」(Aberdeen Research: Oracle Procurement: Worth a Second Look)

ORACLE PROCUREMENTソリューションと関連製品

 

オラクルだけが提供できるメリット

手段 利点 実現できること
  • パッケージ化された支出分析
  • オンラインによる交渉とコラボレーション
  • 細かい取引条件の設定
  • 迅速なコスト削減可能箇所の可視化
  • 効率的な戦略的調達先の選定
  • 購買契約ベースによる価格設定の自動化
固定資産およびサービスの支出削減
  • 調達から支払いまでの完全自動化
  • 調達ポリシーに基づくセルフサービス購買
  • サプライヤーとの連携
  • 調達部門を従来の雑務から解放し、調達戦略の立案部門へと変身
  • すべての従業員の購買活動を完全に掌握
  • エラーおよび遅延にかかる時間の低減
調達から支払いまでのプロセスがシームレスに連携
  • 調達ポリシーの強制(例外ベース)
  • 予算ベースの調達
  • 調達ポリシーに違反した取引の特定
  • 財務ポリシーと調達ポリシーの整合
コンプライアンスの強化
  • 調達業務全体の可視化
  • サプライヤー・パフォーマンス管理の改善

顧客事例

  • Ingersoll Rand:50%の生産性向上、サプライヤー・サポート費用の75%削減、およびMROコストの20%削減
  • ペンシルベニア大学:7,750万ドルのコスト削減
  • Ametek:MROユニットコストを10%削減、調達コストを最大14%まで削減
  • Sandia National Laboratories:1,100万ドル以上を削減し、処理時間を25%短縮
  • VeriSign:エラー発生率を80%以上削減し、生産性を230%向上
  • TUI(総合物流および観光旅行会社):調達コストを2,000万ユーロ削減(全消耗品の25%)
  • Boeing:ボリューム・ディスカウント要求を5%増加
  • UPS:調達サイクルタイムを75%短縮
  • Pella:調達サイクルタイムを86%短縮
  • Alcoa:調達処理コストを89%削減