Upgrade Management Services

高水準のアップグレードを実現

Oracle Upgrade Management Servicesでは、企業ごとに異なるアップグレードの問題を、アップグレード・プロセスの段階を問わず簡素化できます。事前計画、分析、アップグレード管理、アップグレード後の評価を含むすべてのフェーズでアドバイスやオンサイト支援を得られるため、お客様はアップグレードのオプションやメリットを明確に理解できます。最新のオラクルのデータベースへシームレスに移行する最もコスト効果の高い方法です。

ITIL v.3標準に準拠して開発されたOracle Upgrade Management Servicesは、予測可能で信頼性の高いアップグレード・パスを提供することで、リスクを低減しつつ、より高い費用対効果(ROI)を実現します。

メリット

  • テクノロジの強化により最短期間で最高の効果が得られます。 事前に詳細情報を提供しアップグレード時の障害を排除することにより、確固たるビジネス・ケースの構築や十分な情報に基づいた意思決定、さらには業務停止リスクの低減を実現します。
  • 製品を熟知したオラクル技術者の専門知識の活用により、確信を持ってアップグレードを実行できます。 オラクル・ソリューションの綿密な計画、設計、実行、最適化において、1,900名以上のOracle Advanced Customer Servicesエキスパートの専門知識を活用します。
  • ITIL v.3のベスト・プラクティスに基づいて、リスクとコストを低減します。 IT管理の標準規格ITIL v.3準拠に基づき、さらに高いITの効率性とビジネス成果を実現します。
お問い合わせ
Oracle Supportに関するお問い合わせはこちら