ラクルのB2B統合

今日のような競争の激しい環境やさまざまな産業規制の下では、ビジネス・パートナーとの連携をより強化することで競争力が高まります。 Oracle Fusion Middlewareでは、RossettaNet、Electronic Data Interchange(EDI)、Applicability Statement 2(AS2)、UCCnetなどの業界標準のプロトコルを使用し、ビジネス・パートナーとのオンラインでの連携および自動プロセスを迅速に確立するための一元的な統合ソリューションを提供します。 さらに、Oracle Fusion Middlewareを使用すれば、Wal-Mart、Cisco、Intelなどの業界の中心的なシステムや製品にすぐに接続できます。

データシート: Oracle Integration B2B(PDF)
注目のソリューション
サプライ・チェーンを使用したビジネス・プロセスの自動化: シームレスな情報フローを可能にするために、Oracle BPEL Process Managerによって、異なるシステム同士を接続して調達やその他のプロセスを自動化することができます。 その結果、取引先とFAXやEメール、電話を利用して取引をおこなう必要がなくなります。
Oracle E-Business Suiteとの統合: オラクルのB to B統合には、パッケージ化、セキュリティおよびプロセスの要件に対するRosettaNetの完全なサポートなどが含まれ、 Oracle E-Business Suiteのサプライ・チェーン・モジュールと事前に統合されています。
次のステップ
技術リソース: Oracle Technology NetworkのB2B統合のページにアクセスする
技術リソース: Oracle Technology NetworkのBPEL Process Managerのページにアクセスする