Previous Feature 1 2 3 Next Feature

Oracle Modernization

ITモダナイゼーションの概要

ORACLE MODERNIZATIONが選ばれる理由

ITモダナイゼーションは、効率性と競争力の維持という、21世紀のビジネス運営に求められる基本原理から発生したものです。ITモダナイゼーションとは、最新のオープンスタンダード・ベースのアプリケーションやテクノロジーを使用して、既存のビジネスコンテンツを維持しながら、企業の限定的なレガシー・アプリケーションやテクノロジーを補完または置換する手法を指します。

戦略的なビジネス変革の促進 ― ITモダナイゼーションでは、企業はアプリケーションおよびテクノロジー環境の向上にともない、既存のアプリケーション資産のコンテンツも最大限引き出すことができます。

Oracle Modernizationは、ビジネスの変革を促すことで顧客を成功に導きます。

  • Oracle Modernization Sales Methodは、最大のビジネス価値/利益の実現を目的とした、定評のあるコンサルティング・ソリューションの販売プラクティスです。
  • 初期段階のOracle Modernization Discoveryからソリューションの実装に至るまで、オラクルは対象となるビジネスの優先事項、目標および目的を重点的に取り扱います。
  • 単独でも併用した場合でも最適なビジネス・ソリューションを提供する、多種多様なモダナイゼーション・アプローチが用意されています。
  • Oracle ApplicationsOracle Fusion MiddlewareOracleデータベースという完全で、オープンかつ一体的なソフトウェア・スタックを提供できるのはオラクルだけです。
  • Oracle Modernization Alliance(OMA)は、ITモダナイゼーションに最適な製品、テクノロジー、サービスを提供するベンダーによって編成されています。

モダナイゼーション・アプローチ

完全なモダナイゼーション・ソリューションを構成するには次のアプローチを組み合わせます。

  • レガシー・アプリケーションの、パッケージ・アプリケーションへの置換え
  • レガシー環境を有効にするサービス
  • レガシー・アプリケーションの再構築
  • レガシー・アプリケーションの移行の自動化
  • メインフレームMIPSの軽減
  • リホスティング(アプリケーションを変更せずに、別のプラットフォームにアプリケーションを移動すること)