オラクルとオープンソース

オラクルはユーザーに対し、選択肢の提供、柔軟性の提供、コンピューティング・コストの削減を約束します。MySQL、OpenOffice.org、GlassFish、Linux、PHP、Apache、Eclipse、Berkeley DB、NetBeans、VirtualBox、Xen、InnoDBなどのオープンソース・テクノロジーの開発、テスト、最適化とサポートに多大なリソースを投資することで、オラクルは開発と展開における実用的な選択肢として、オープンソース・ソリューションを明確に採用し、提供しています。

オラクルでは、オープンソースと非オープンソースのいずれのソフトウェアを用いる場合も、オープンスタンダードを使用することが変わらず重要であることを、最大限にアピールしていこうと考えています。現在、多くの顧客企業がミッションクリティカルな環境でオープンソース・テクノロジーとともにオラクル製品を使用しており、低コスト、容易な管理性、高い可用性と信頼性などのメリットを、パフォーマンスやスケーラビリティの有利性とともに享受しています。

主要なオープンソース・イニシアチブ

  • Berkeley DB ― Oracle Berkeley DBは、組み込み可能なオープンソースのデータベース・ファミリーです。開発者は、高速でスケーラブルなトランザクショナル・データベース・エンジンを自分のアプリケーション内に組み込み、業務レベルの信頼性とアベイラビリティを実装できます。Berkeley DBは世界でもっとも広く使用されているオープンソース・データベースで、導入件数は推定2億件にのぼります。
  • Eclipse ―オラクルはEclipseの役員メンバーおよび戦略開発メンバーであり、Dali JPA Tools、JavaServer Faces(JSF)およびBPELという3つのEclipseプロジェクトに開発者を派遣するとともに、そのリーダーシップをとっています。Oracle Enterprise Pack for Eclipseは、Eclipseユーザーが特定のOracle Fusion MiddlewareテクノロジーやOracleデータベースを利用してアプリケーションを簡単に開発できるようにするためのツールです。
  • GlassFish ― 軽量で柔軟なオープンソースのアプリケーション・サーバーであるGlassFishは、Java EE 6プラットフォーム仕様で互換性を備えた最初の実装です。Java EE 6の特長については、Java EEのホームページを参照してください。
  • Hudson
  • InnoDB ― オラクルの系列子会社であるInnobase OYで開発されたInnoDBは、一般的なMySQLオープンソース・データベースに対する主要なトランザクション・ストレージエンジンです。
  • Java ― Javaプログラミング言語とコンピューティング・プラットフォームは、ユーティリティ、ゲーム、ビジネス・アプリケーションなどを含む最新のプログラムで真価を発揮します。Javaは全世界で8億5,000万台以上のパーソナル・コンピュータと数十億ものデバイスで稼動します。オラクルとJavaの詳細は、Oracle.comのJavaに関するページをご覧ください。
  • Java Platform, Micro Edition(Java ME) ― モバイルと組み込みのコミュニティにおける開発者は、モバイルおよび組み込みデバイスに向けてJava MEの進化と採用を推進しています。
  • Linux ― Linuxに対するオラクルの技術的貢献は、Linuxがもつエンタープライズ・クラスの機能の強化や拡張に寄与しています。またOracle Linux Supportは、Linuxに対するエンタープライズ品質のサポートをより低いコストで提供しています。
  • MySQL ― 世界でもっとも広く利用されているWeb対応のオープンソース・データベースです。
  • NetBeans ― ソフトウェア開発者向けに無償で公開されている、オープンソースの統合開発環境(IDE)です。デスクトップ・アプリケーションからエンタープライズ、Web、またはモバイル向けアプリケーションまでをJava、C/C++、PHP、JavaScript、Groovy、Rubyで開発する際に必要なツールもすべて用意されています。NetBeans Platformは、世界で唯一のモジュール型Swingアプリケーション・フレームワークです。
  • OpenJDK ― OpenJDKは、Java Platform, Standard Edition(Java SE)仕様のオープンソース実装版であり、GNU General Public License(GPL)のもとでライセンスが提供されています。Java SEの機能については、Java SEのページをご覧ください。
  • PHP ― オラクルは、オープンソースのスクリプト言語であるPHPを企業が活用できるよう、Zend Serverを提供しています。
  • VirtualBox ― オープンソースのGNU General Public License(GPL)のもとで公開されており、x86およびAMD64/Intel64ベースの強力なデスクトップ仮想化を実現します。
  • Xen ― オラクルは、Xenのメインライン・ソフトウェアの機能開発に大きく貢献しており、Xen Advisory Board(諮問委員会)のメンバーです。次世代サーバー仮想化ソフトウェアであるOracle VMには、Xenハイパーバイザが採用されています。
  • フリー・オープンソース・ソフトウェア ― オラクルから提供、またはオラクル向けに提供されているフリー・オープンソース・ソフトウェア(FOSS)についての各種情報(コミュニティ・プロジェクト、ダウンロード、ブログなど)はこちらから。
  • オープンソース・ツール化プロジェクト ― オラクルは、Project Trinidad(ADF Faces)、Eclipse、Springなど、いくつかのオープンソース・ツール化プロジェクトに寄与しています。