複合イベント処理

今日のIT環境では、金融市場の監視からネットワーク・パフォーマンス、ビジネス・プロセスの実行およびRFIDタグ付き資産の追跡まで、あらゆるシステムから絶間なくデータが生成されています。 オラクルの複合イベント処理(CEP)機能では、イベント処理アプリケーションの開発に優れた宣言的な環境が提供されており、業務操作の管理効率と有用性が向上します。 主なCEP機能には、パターンの一致、日時ベースの時間枠によるイベント評価、およびユーザー定義の分析や関数をサポートする拡張フレームワークがあります。

特長

  • リアルタイムのパターンの一致: 複合イベント・パターンを定義および識別することで、新しいビジネスの傾向を迅速に把握
  • 高いスケーラビリティ: 1秒当たりに何十万ものイベントを処理
  • ホットプラガブル: 異種混合システム全体のイベントを分析し、Oracle SOAまたは他ベンダーのソフトウェアにビジュアルな結果出力や自動レスポンス送信を実施