Sun Servers

Sun Rayクライアント

オラクルのSun Rayクライアントは、サーバー・ホスティング型仮想デスクトップの表示に適したシンプルで低コストのデバイスです。可動部分も、管理の必要なローカルのオペレーティング・システムももたないため、Sun Rayクライアントはデスクトップやラップトップのコンピュータに代わる費用対効果の高い、高機能なシンクライアントとなり、従来のデスクトップ環境にありがちだった問題も、その多くが軽減されます。

Sun Rayクライアントは業界随一の完全な仮想化ポートフォリオの一環であり、単独で管理されるのではなく、Sun RayソフトウェアまたはOracle Virtual Desktop Infrastructureを使用して管理されます。何千台ものSun Rayクライアントデバイスで構成される大規模なユーザーコミュニティでも、たった1つのインタフェースから管理が可能です。デスクトップのオペレーティング・システムをSun Rayクライアントごとに、あるいはユーザーごとに選択できるという柔軟性をもつ一方で、仮想マシンテンプレートとマルチユーザー・オペレーティング・システムの利点を活かして管理オーバーヘッドを緩和するという個別の制御性を備えています。アップグレードを実施する際にもSun Rayクライアントを1台ずつ操作する必要はなく、デスクトップIT管理の一元化が実現します。

発表: オラクルのSun Rayソフトウェアの新リリース

Sun Rayクライアントのメリット

Sun Rayクライアントの詳細

  • サーバー・ホスティング型のWindows、Oracle Solaris、およびLinuxデスクトップを表示
  • 長い製品寿命で投資を保護
  • ローカルのストレージやユーザーデータをもたず高いセキュリティ
  • 運用効率を向上
  • デスクトップ管理を一元化
  • ごく低い消費電力

Sun Rayクライアント

Sun Ray 3クライアント
Sun Ray 3 Plusクライアント
24ビット・グラフィック
1,920×1,200ピクセル
シングルリンクDVI-I端子×1
24ビット・グラフィック
2,560×1,600ピクセル
デュアルリンクDVI-I端子×2
USB 2.0ポート×5
シリアルポート×1
USB 2.0ポート×4
シリアルポート×1
10/100/1000Mbps Ethernet(RJ-45) 10/100/1000Mbps Ethernet(RJ-45)
1000-X SFPソケット(光ファイバモジュール用)
スマートカード・リーダー内蔵 スマートカード・リーダー内蔵
CD音質の出力
ステレオマイク入力
CD音質の出力
ステレオマイク入力
詳細情報 詳細情報
Sun Ray 3iクライアント  
24ビット・グラフィック
HD 1,920×1,080ピクセル
ビルトインの21.5インチ・ワイドスクリーンLCDディスプレイ
VGA出力
 
USB 2.0ポート×5
シリアルポート×1
 
10/100/1000Mbps Ethernet(RJ-45)  
スマートカード・リーダー内蔵  
CD音質の出力
ステレオマイク入力
 
輝度:250cd/m2(標準)
コントラスト比:1,000:1(標準)
応答時間:5.0ms(合計応答時間、標準)
水平視野角:+/- 85°(CR>10の場合)(標準)
垂直視野角:+/- 80°(CR>10の場合)(標準)
スタンド:チルト調整、手動回転
 
詳細情報  

Oracle Sun Store

Sun Ray 3 Plusクライアント