Oracle Desktop Virtualization for Contact Centers

顧客サポート組織やコンタクトセンターはその種類を問わず、デスクトップ・インフラにかかわる特有の課題を抱えています。顧客の機密データに対してパフォーマンスの高いセキュアなアクセスをおこなえることが必要ですが、その一方で、従業員がワークステーションを共有したり複数の場所から作業をおこなったりすることが多いため、機動性も確保しなければなりません。オラクルのデスクトップ仮想化は、従来のデスクトップ・アーキテクチャに比べてセキュリティ、機動性、管理性を向上させる画期的な機能を備えており、コンタクトセンターの課題を解決するのに最適です。

オラクルのデスクトップ仮想化製品

  • Oracle Sun Rayクライアント ― 相互運用が可能で、管理の手間が一切かからない、デスクトップ仮想化クライアント・ソリューションを提供します。これにより、PC環境につきもののメンテナンス・コスト、アップグレード・コスト、運用コストが削減されます。
  • Oracle Virtual Desktop Infrastructure ― データセンターに導入された仮想デスクトップ環境の管理、ホスティング、アクセスを目的とする総合的ソリューションを提供します。
  • Oracle Secure Global Desktop ― サーバーで一元的にホスティングされるWindows、Linux、Oracle Solaris、メインフレーム、ミッドレンジのアプリケーションに対し、一般的な各種クライアント・デバイスからのセキュアなアクセスを実現します。