Oracle Desktop Virtualization for Healthcare

医療機関は、厳しいセキュリティ要件を課せられる一方で高度な機動性も求められるという特殊な事情を抱えています。医療従事者は、患者のデータに即座にアクセスできることが必要ですが、ラップトップで手がふさがってしまったり、カート備え付けのPCを押して歩いたりするわけにはいきません。

スマートカードによるホットデスキング機能が組み込まれたオラクルのデスクトップ仮想化は、即時のセキュアアクセスを実現し、患者のプライバシーに関する法律を医療機関が遵守できるよう支援します。

オラクルのデスクトップ仮想化製品

  • Oracle Sun Rayクライアント ― 相互運用が可能で、管理の手間がいっさいかからない、デスクトップ仮想化クライアント・ソリューションを提供します。これにより、PC環境につきもののメンテナンス・コスト、アップグレード・コスト、運用コストが削減されます。
  • Oracle Virtual Desktop Infrastructure ― データセンターに導入された仮想デスクトップ環境の管理、ホスティング、アクセスを目的とする総合的ソリューションを提供します。
  • Oracle Secure Global Desktop ― サーバーで一元的にホスティングされるWindows、Linux、Oracle Solaris、メインフレーム、ミッドレンジのアプリケーションに対し、一般的な各種クライアント・デバイスからのセキュアなアクセスを実現します。