Oracle Exastackスキル習得支援リソースとOracle Exastack Labs

Oracle Exastack LabsとOracle Exastack
スキル習得支援リソース

パートナー向けのスキル習得支援リソースの活用

Oracle PartnerNetwork(OPN)メンバーは、Oracle Exastackラボ環境とその関連技術スキル習得支援リソースを利用して、Oracle Exastack製品に関する知識の習得を強化し、Oracle Exastack Readyの申請資格を満たすことができます。

Oracle Exastack Optimized Labs: Oracle Exadata Database Machine、Oracle Exalogic Elastic Cloud、Oracle SPARC SuperCluster T4-4

Oracle Exastack Labs

ビデオ・ツアー: Oracle Exastack Labsのパートナー特典

Oracle Exastack Optimizedにより、基準を満たしたOPNメンバーは、オラクルの技術リソースおよび専用のOracle Exastack Lab環境に直接アクセスして、Oracle Exadata Database Machine、Oracle Exalogic Elastic Cloud、およびOracle SPARC SuperCluster T4-4上でアプリケーションのチューニングと最適化を行うことができます。

Oracle Exastack Optimizedアプリケーションは、より高速で信頼性の高い実行を実現するためにテストとチューニングが行なわれており、エンドユーザーは向上したパフォーマンスを得られます。Oracle Exastack LabsへのアクセスおよびOracle Exastack Optimizedの特典とcriteria(基準)の詳細については、ここをクリックしてください。


Oracle Exastack Remote Labs: Oracle Solaris、Oracle Linux、Oracle VM

Oracle Exastack Remote Labsは、Oracle Solaris、Oracle Linux、またはOracle VMの最新のメジャー・リリース上で独自のアプリケーションをテストおよびチューニングする目的で、基準を満たしたOPNメンバーにリモートからアクセス可能な環境へのアクセス権を提供します。 

Oracle Exastack Remote Labsへのアクセスの適格基準:

  • OPNのGold以上のレベルのメンバーである必要があります。
  • 当該OPN Knowledge Zone(Oracle SolarisOracle LinuxOracle Server Virtualization)のメンバーである必要があります。
  • 貴社のOPN PRM管理者がOracle Exastack Remote Labsのオンライン申請を完了している必要があります。
  • 有効なURLを提示し、そのURLで、アプリケーションについて説明するとともに、法人顧客がアプリケーションを一般的に購入可能であることを証明する必要があります。
  • 貴社と貴社のアプリケーションの両方について、公開済みの最新のOPNソリューション・カタログ・プロファイルを保持している必要があります。現在のプロファイルを確認するには、ここをクリックしてください。
  • 貴社は、Oracle Solaris、Oracle Linux、またはOracle VMの最新メジャー・リリースに対するアプリケーション・サポートの一般提供を発表してから2か月以内に、Oracle Exastack Remote Labs提供製品のうち、該当するオラクル製品のOracle Exastack Readyステータスを取得し、維持する必要があります。
  • 貴社は、オラクルがOracle Exastack Remote Labs提供製品の新しいメジャー・リリースまたはバージョンをリリースしてから24か月以内に、当該Oracle Exastack Remote Labs提供製品のうち、該当するオラクル製品に対して完全な互換性を持ち機能するように貴社のアプリケーションを更新することに同意するものとします。
  • 貴社のOPN PRM管理者がOracle PartnerNetwork契約のOracle Exastack Remote Labs追加条項の条件に同意する必要があります。

Oracle Exastack Remote Labsへのアクセス

Oracle Solaris Remote Labユーザー・ガイド(PDF)

Oracle Linux and Oracle VM Remote Labsユーザー・ガイド(PDF)

Guided Learning Path

次に示すGuided Learning Path(GLP)は、Oracle Solaris、Oracle Linux、Oracle VM、Oracle Database、およびOracle WebLogic Serverのアプリケーションを作成しているISV開発者向けに特別にカスタマイズされています。これらのGLPはOPNコンピテンシー・センターから利用でき、次のGLPが含まれています。

Boot Camp

Boot Camp

オラクルのISVパートナーは、Oracle Exastackでの自社のアプリケーションの構築と提供、オラクル製品の組み込み、およびSaaSの導入用アプリケーションの構築に興味があるソフトウェア・ベンダー向けに特別に設計されたBoot Campも利用できます。

Oracle Exadata 11g技術Boot Campでは、Oracle Exadataの機能とベスト・プラクティスに関する詳細情報について取り上げます。OPNパートナーは、Oracle Exadata Database Machineがソフトウェアおよびハードウェアの機能を通して非常に優れたパフォーマンスをどのように実現するかについて学習します。スケジュールを確認して参加を申請するには、ここをクリックしてください。

Oracle Exalogic実装Boot Campでは、Oracle Exalogicを使用してインフラストラクチャの標準化および統合を行い、アプリケーションのパフォーマンスを向上するツールをOPNパートナーに提供します。Oracle Exalogicのすべてのハードウェア・コンポーネントを識別、管理、監視する方法について学習するとともに、InfiniBandファブリックなど、Oracle Exalogicのユニークなネットワーキング機能およびストレージ機能を活用する典型的なFusion Middleware構成を作成します。スケジュールを確認して参加を申請するには、ここ(「Middleware」タブ)をクリックしてください。

これらのBoot Campの詳細(提供日と提供場所を含む)については、OPNコンピテンシー・センターと、それぞれ対応するOPN Knowledge Zoneをご覧ください。

 
 E-mail this page  Printer View