AutoVueの技術要件


クライアント/サーバー配置


Windows Server

  • Windows Server 2003 32-bit
  • Windows Server 2003 64-bit(AutoVueは32-bitモードで稼働)
  • Windows Server 2008 32-bit
  • Windows Server 2008 64-bit(AutoVueは32-bitモードで稼働)
  • Windows Server 2008 R2 64-bit(AutoVueは32-bitモードで稼働)
  • インストールには400MBの空き領域が必要です。

重要: Windows 2008 R2のメモリ処理機能は、Windows 2008やWindows 2003と比較すると
大幅に改善されています。 より優れたメモリ処理と長期的な安定を得るには、
Windows 2008 R2上でAutoVueを実行することを推奨します。

Linuxサーバー

  • Red Hat Enterprise Linux 5.6(x86)32-bit
  • Red Hat Enterprise Linux 5.6(x86)64-bit(AutoVueは32-bitモードで稼働)
  • Oracle Enterprise Linux 5.6(x86)32-bit
  • Oracle Enterprise Linux 5.6(x86)64-bit(AutoVueは32-bitモードで稼働)
インストールには400MBの空き領域が必要です。


仮想化
VMWare Server Version 2.0.2

クライアント

以下の32ビットJava仮想マシンを実行するクライアント
  • J2SE 6.0 update 23
  • J2SE 5.0 update 22

以下のOSとブラウザ


Windows OS(XP、Vista、7)32-bitおよび64-bit
  • Internet Explorer 9 - 32-bitのみ
  • Internet Explorer 7 - 32-bitのみ
  • Internet Explorer 8 - 32-bitのみ
  • Firefox 3.5 - 32-bitのみ

MAC OS X 10.6
  • Safari 5.0
  • Firefox 3.5

RedHat Enterprise Linux 5
  • Firefox 3.5

Ubuntu 10.04 LTS
Firefox 3.5

Solaris 10(SPARC)
Firefox 3.5


Webサーバー

AutoVueクライアントのWebページは、以下のWebサーバーに対して認定されています。
  • Windows IIS
  • UNIX、Apache v2
  • Oracle HTTP Server

アプリケーション・サーバー

VueServletは以下のアプリケーション・サーバーに対して認定されています。
  • Tomcat 6.X以上
  • IBM WebSphere 6.1以上
  • Oracle WebLogic 9.X以上
  • Oracle Application Server 10g Release 3以上
  • Jetty 6.0以上


デスクトップ配置

システム要件
  • Windows XP 32-bit
  • Windows Vista 32-bitおよび64-bit(AutoVueは32-bitモードで稼働)
  • Windows 7 32-bitおよび64-bit(AutoVueは32-bitモードで稼働)
  • インストールには400MBの空き領域が必要です。


デスクトップ・バージョン

システム要件
  • Windows XP 32-bit
  • Windows Vista 32-bit
  • インストールには400MBの空き領域が必要です。
注: メモリ要件はAutoVueを使用して表示するファイルのサイズおよび複雑さによって異なります。