本ページは Oracle Application Testing Suite 12.1 の機能を元に記述しています

ServerStatsの構成 - Oracle Load Testing

 

  1. 概要
    ServerStatsでは、様々なサーバー側アプリケーション、データベース、システムおよびWebサーバー統計を監視できます。ServerStatsの構成により、サーバーから利用可能な様々なホストおよびサービスのリアルタイム・パフォーマンス統計(CPU使用率、メモリー使用率、Webサーバー統計など)を表示できます。
    ServerStats構成には、負荷テストの際にアプリケーション・インフラストラクチャのパフォーマンスを監視するために構成された1つ以上の構成済モニターが含まれます。保存した構成にはモニターを追加して、監視対象のシステムにそのモニターを適用できます。
    モニターはデータ・ソース、メトリック、メトリック・プロファイルから指定でき、デフォルトで組み込まれている定義に加え、任意に作成することができます。
    • データ・ソース
      監視するシステムやアプリケーションに対する接続方式です。
      ServerStats構成にデータ・ソースを指定してモニターを定義することもできます。
    • メトリック
      データ・ソースを元に監視するデータ・ポイントです。
      あらかじめメトリックを定義しておくことによりモニターの追加が容易になります。
    • メトリック・プロファイル
      メトリックをグルーピングしたプロファイルです。
      Database ServerやApplication Serverで監視するメトリック群をまとめておくことにより、モニターの追加が容易になるとともに構成漏れを防ぐことができます。
    ServerStatsの構成 - Oracle Load Testing

  2. データ・ソース
    ServerStatsでは以下のデータ・ソースを使用できます。
    • COM+
      ComPlusモニターは、Windows 2000以降のオペレーティング・システム上のComPlusオブジェクトによって提供されるカウンタのデータを取得します。使用可能なカウンタは、システムにインストールされているComPlusアプリケーションにより決定されます。
    • データベース
      個別マシンに対してデータベース・クエリーを実行するモニターを設定できます。
    • Enterprise Manager
      ロード・セッション中またはセッション後にどのEnterprise Managerメトリックを表示し、Oracle Load TestingからEnterprise Managerにドリルダウンするかを設定できます。このデータソース設定は、Weblogicドメイン・メトリック、Weblogic JVMメトリックまたはOracleデータベースにアクセスするために、Enterprise Managerに対するURLリクエストを作成する際に使用するデータを指定します。
    • IBM WebSphere
      WebSphere PMIを使用すると、ホストが応答しているかどうかを簡単に確認できます。
    • JMX
      JMXモニターで、Javaアプリケーションが適切に実行されているかどうかを検証できます。JMXモニターは、指定されたJMX MBean属性値を調べて、Javaアプリケーションが正しく作動しているかどうかを確認します。また、JMXモニターを使用すると、JMXアプリケーションが起動しているかどうかを簡単に確認できます。
    • Perfmon
      Perfmonモニターは、単一マシン上の指定されたPerfmonメトリックのパフォーマンスを確認します。モニターには、監視対象マシンのPerfmon統計にアクセスするための適切な権限が必要です。
    • Ping
      Pingを使用すると、ホストが応答しているかどうかを簡単に確認できます。Pingモニターは、指定されたホストにエコー・リクエストを送信し、応答を待ちます。モニターはラウンド・トリップ時間を返します。
    • SNMP
      SNMP(Simple Network Management Protocol)モニターは、ネットワーク・デバイス(ルータなど)またはホスト(ワークステーションやメインフレームなど)の特定のパフォーマンスおよび設定情報を提供します。このモニターを使用するには、監視するマシンのSNMPを有効にします。また、収集するMIBデータが、監視されているマシン上のSNMPデーモンでサポートされていることを確認する必要があります。
    • URL
      URLモニターを使用して、Webサイト内で重要なURLが正しく作動しているかどうかを確認できます。また、URLモニターでは、正規表現を使用することにより、Apacheサーバー・ステータス・ページからのデータを解析することもできます。
    • 仮想エージェント
      仮想エージェント・モニターを設定して、システムのコマンドラインから実行可能プログラムを実行できます。コマンドからメトリックを返すPerl正規表現を指定します。仮想エージェントを使用すると、ホスト上のオペレーティング・システムおよびカスタム・プログラムを実行して、特定のメトリックを簡単に返すことができます。
  3. 操作ガイド
    メトリック、メトリック・プロファイル、ServerStats構成はOracle Load Testingの [ServerStatas]メニューより定義できます。
    • メトリック
      1. Oracle Load Testingのメニューより、[ServerStats]-[メトリック...]を選択します。
      2. [新規]あるいは[クローン]をクリックし、メトリックを定義します(システムデフォルトのメトリックは編集できません)。
        ServerStatsの構成 - Oracle Load Testing

    • メトリック・プロファイル
      1. Oracle Load Testingのメニューより、[ServerStats]-[メトリック・プロファイル...]を選択します。
      2. [新規]あるいは[クローン]をクリックし、メトリック・プロファイルを定義します(システムデフォルトのメトリック・プロファイルは編集できません)。
        ServerStatsの構成 - Oracle Load Testing

    • ServerStats構成
      1. Oracle Load Testingのメニューより、[ServerStats]-[構成...]を選択します。
      2. 左上の[新規]をクリックし、ServerStats構成の名前および説明を入力します。
        ServerStatsの構成 - Oracle Load Testing
      3. 追加した構成を選択し、右側(「モニター」ラベルの下)の[新規]をクリックします。
        ServerStatsの構成 - Oracle Load Testing
      4. データ・ソース、メトリック、メトリック・プロファイルのいずれかより、モニターを追加します。