Oracle Berkeley DB - オブジェクトの永続性

Oracle Berkeley DBのDirect Persistence Layer(DPL)により、プログラムを簡潔に設計するPlain Old Java Objects(POJO)を使用して、Javaアプリケーションにデータの堅牢性と信頼性の保証をもたらします。 いくつかの単純なソース・コードのアノテーションにより、Javaプログラムは永続性がないインメモリ・データの管理から、トランザクション一貫性および信頼性のある永続データの管理へと変わります。 DPLの使用は、トランザクションの使用、複雑なデータセット内の選択および走査、リレーションシップのカーディナリティのメンテナンス、アプリケーション/システム/ハードウェアの障害に直面した際の信頼性と永続性を促進するという点で、Java Persistence API(JPA)の使用と類似しています。

DPLは、従来型のオブジェクト・データベースまたはオブジェクト・リレーショナル・マッピングよりもさらにシンプルで効率的なデータ管理技法を提供します。 リレーショナル表へ、およびリレーショナル表からのマーシャリングではなく、DPLではJavaオブジェクトへのネイティブ・アクセスが直接提供されます。 SQLオーバーヘッド、クライアント/サーバー通信、重複したキャッシュ、管理上のオーバーヘッドがありません。 その代わりにDPLは、プライマリおよびセカンダリの索引、複合キー、複雑なクラスに基づいたキー、時間のかかる索引の作成、キー・プリフィックスのサポートを提供します。 その結果、高速なストレージ、低いCPUおよびメモリ要件、より効率的な開発プロセスを実現しています。 Berkeley DBは、Javaオブジェクトへの高速な非定型アクセスを提供しており、信頼性、拡張性、効率性に優れ、簡単にパッケージの管理を行うことができます。

 
技術情報

ホワイト・ペーパー: Java Object Storage on Android(PDF)
ホワイト・ペーパー: Performing Queries in Oracle Berkeley DB Java Edition(PDF)