Oracle Berkeley DB XMLおよびXQuery

XMLは、ドキュメント管理、および異なるアプリケーションとシステム間でのデータ交換の標準となりました。 これにより、XMLストレージおよび管理はSOAアーキテクチャ・スタック内の主要コンポーネントになります。 患者記録、構成ファイル、銀行振込、RSS/Atomフィードのコンテンツ、科学的データ、Webページ、ワークフロー・メッセージ、その他にも無数のソリューションがデータのエンコードにXMLを使用しています。 RSSのようなデータ中心のものか、コンテンツ管理システムのようなドキュメント中心のものかにかかわらず、XMLは半構造化データ・エンコードの事実上の標準となっています。 XMLはユビキタスで、データ中心のテクノロジー・スタック内のコア・コンポーネントです。また、今後何年にもわたって使用されていくでしょう。

XMLを使用しているさまざまなアプリケーションのデータ管理要件の多様性は膨大です。 その一端としてのXMLメッセージング製品は、短い待機時間と、問合せ処理によるオーバーヘッドを最小化した高いスループットを必要としています。 Webサービスのエンド・ポイントは大抵、SOAPメッセージ形式またはRESTサービスに送信される構造化データ形式でXMLを処理しています。 また、複雑な問合せを使用したデータ・マイニングが繰り返し計画されている、創薬インフラストラクチャの一環としての数テラバイトになる薬の治験データについて、検索可能なアーカイブを構築しています。

情報は、アクセス可能で、信頼性が高く、管理性が高いものでなければ役に立ちません。 XMLコンテンツをシンプルなファイル・システムにファイルとして格納すると、その価値が限定されてしまいます。 Oracle Berkeley DBは柔軟に対応できるように設計されており、複雑なXMLデータ管理シナリオをサポートすることが可能です。 そのために、パフォーマンスが高く、同時実行可能で、信頼性が高いBerkeley DBストレージ・エンジンと、XQillaライブラリにあるXML解析機能とXQuery処理機能が一緒に組み合わされます。 これらの2つのレイヤーを接続すると、統計的な、コストベースの問合せオプティマイザとなり、利用可能な索引に対して各XQueryを検証し、もっとも早く利用可能な問合せ計画を特定します。 Berkeley DBは、高速問合せおよび別の操作用に設計された高度に最適化された形式でXMLコンテンツを格納します。

機能のまとめ
  • 最新のXQueryおよびXPath標準
  • コストベースの問合せオプティマイザ
  • XMLをドキュメント全体として保存
  • XMLをノードとして保存
  • 複数言語での外部機能
  • XMLをJSONとして簡単に表示
  • 等価性、プレゼンス、または部分文字列の検索条件に使用する、一意索引、パス索引、ノード索引、およびキー索引
  • 変数バインディングが含まれている再コンパイルされた問合せの使用
  • oXygen XMLエディタによる対応とサポート