Oracle Databaseのアップグレード

Oracle
Databaseのアップグレード

Oracle Database 12c Release 2へアップグレードすることで、ミッション・クリティカルなオンライン・トランザクション処理アプリケーション、問合せ集中処理型のデータウェアハウス、クラウド・アプリケーションに対して、効率的で信頼できるセキュアな最新のデータ管理が提供されます。計画、準備、アップグレードの手順を正しく踏むことで、アップグレードの処理がシンプルで高速になり、また、作業の開始から終了までの予測がしやすくなります。

Oracle Database互換性マトリックス

Oracle Database 12c Release 2に直接アップグレードできるリリースを確認するには、データベース・サーバーのアップグレード/ダウングレード互換性マトリックスを参照してください。

Oracle Database Upgrade Assistant

Oracle Database Upgrade Assistant(DBUA)を非CDBのアップグレードに使用する場合は、『Complete Checklist for Upgrading to Oracle Database 12c Release 2 using DBUA』(文書ID 2189854.1)にて、自動アップグレード実行前のレビュー用チェックリストをご確認ください。DBUAをマルチテナント・コンテナ・データベースのアップグレードに使用する場合は、 『Complete Checklist for Upgrading Oracle 12.2 Container Database (CDB) to Oracle Database 12c Release 2 (12.2) using DBUA』(文書ID 2240413.1) にて、レビュー用チェックリストをご確認ください。

データベースの手動アップグレード

非CDBデータベースの手動アップグレードを計画している場合は、『Complete Checklist for Manual Upgrades to Non-CDB Oracle Database 12 Release 2』(文書ID 2173141.1)にて、手動アップグレード実行前のレビュー用チェックリストをご確認ください。マルチテナント・コンテナ・データベースの場合は、『Complete checklist for Manual Upgrade for Multtienant Architecture Oracle Databases from 12.1.x.x to 12.2.x.x』(文書ID 2173144.1)にて、CDBのアップグレードに伴うすべての手順のチェックリストをご確認ください。