WebLogic ServerへのSRDemo ADFサンプル・アプリケーションの配置

Oracle JDeveloperのHow toドキュメント
オラクル、 Shay Shmeltzer
2008年6月

はじめに

SRDemoアプリケーションは、Oracle ADFベースのアプリケーションであり、ADFを学習するために使用します。このアプリケーションは、「 JDeveloper Help」 →「 Check for Updates」機能を選択して直接ダウンロードできます。詳細については、『ADF Developer Guide』を参照してください。 SRDemo ADF Business Componentsベースのアプリケーションと互換性があるWebLogicのバージョンは、Oracle JDeveloperの拡張機能として提供されており、Oracle JDeveloperの「 Help」→「 Check for Update」オプションを選択して入手できます。

このHow toでは、このアプリケーションをWebLogic Serverのインスタンスに配置する方法について説明します。 このチュートリアルの手順は、WebLogicのバージョン9.2および10の両方でテスト済みです。
この オ ンライン・ビデオの説明および手順にしたがって、配置することもできます。

Oracle JDeveloperからWebLogicへの接続

注:Oracle JDeveloperからWebLogic 9.0に配置する場合は、HTTP Tunnelingプロパティを有効にしてください。 WebLogicのコンソールから「 Servers」→「 ServerName」 →「 Protocols」→「 HTTP」を選択して、「 HTTP Tunneling」チェック・ボックスを チェックします(ServerNameは、ユーザーのWebLogic Serverの名前を指します)。

Oracle JDeveloperをWebLogic Serverと連動させるには、[WLS-root]\weblogic92\server\libにあるweblogic.jarファイルのコピーが必 要になります。このファイルを[jdev-root]\jdev\lib\extディレクトリにコピーして、Oracle JDeveloperを再起動します。

Oracle JDeveloperからWebLogic Serverへのアプリケーション・サーバー接続を作成します。
Viewメニューから「 Connection Navigator」を選択します。
Application Server」ノードを右クリックして、「 New Application Server Connection」を選択し、ダイアログの指示にしたがい、WebLogic Serverへの接続を確立してテストします。

接続が確立されると、Oracle JDeveloperからWebLogic Serverへ直接配置できるようになります。

WebLogic ServerのADFライブラリの設定

WebLogic Serverへ実際にアプリケーションを配置する前に、サーバーにADF Runtimeライブラリをインストールする必要があります。 インストールするには、スタンドアロンのADF Installerユーティリティか、Oracle JDeveloperに組み込まれているインストーラを使用します。このHow toでは、組み込まれているインストーラを使用します。
WebLogicにADFライブラリを設定する方法の詳細は、『ADF Developer Guide』の deployment の章を参照してください (WebLogic Serverには、固有の追加手順があります)。
SRDemoを実行するには、1カ所だけ修正する必要があります。 SRDemoは、Oracle Databaseのデータ型に固有のjarファイルで作成されており、データベースに依存するアプリケーションなので、次の操作をおこなう必要がありま す。 ドメインのホーム・ディレクトリへADF Installerによって作成されたsetupadf.cmd/setupadf.shファイルを検索します。
次の行
set CLASSPATH=%CLASSPATH%;..\..\..\weblogic92\ADF\jlib\bc4jdomgnrc.jar
を注釈にして、代わりに次の行を追加します。
set CLASSPATH=%CLASSPATH%;..\..\..\weblogic92\ADF\lib\bc4jdomorcl.jar

SRDemoアプリケーションのユーザー設定

SRDemoアプリケーションは、Javaセキュリティをシステムに統合します。 デモを実行するには、WebLogic Serverに最低3人のユーザーを定義する必要があります。 WebLogicのコンソールからユーザーを追加する方法については、 こ こをクリックしてください。
少なくとも、次の3つのユーザー名を定義する必要があります。

  • sking
  • ahunold
  • dfaviet

これらのユーザーは、アプリケーション内でのさまざまなロールを表しており、それらのロールは、SRDemoアプリケーション内の weblogic.xmlファイルに定義されています。
SRDemoアプリケーションの使用が終わったら、かならずこれらのユーザーを削除してください。

SRDemoアプリケーションの配置

WebLogic Serverの準備ができたので、アプリケーションを配置します。
Oracle JDeveloperでSRdemoSampleADFBCワークスペースを開き、「 UserInterface」プロジェ クト→「 Resources」を展開します。 「 SRDemoWebLogic.deploy」ファイルを検索して右クリッ クし、「 deploy to」を選択して、WLSサーバーを選択します。 これで、配置プロセスが開始されます。プロセスは、Oracle JDeveloperのログ・ウィンドウで確認できます。

デフォルトとは異なるユーザー名/パスワードまたはデータベースを使用している場合は、ADF Business Componentsのデータベース接続情報を更新する必要があります。 「 DataModel」プロジェクト→「 oracle.srdemo.model」 を展開して、SRServiceアプリケーション・モジュールを検索して右クリックします。次に、「 configurations...」 を選択します。
SRServiceWLの設定を編集して、使用しているデータベースの接続情報とパラメータを一致させます。

基本的なトラブルシューティング

症状 考えられる原因
Oracle JDeveloperからWebLogic Serverへの接続をテストする際にエラーが発生する weblogic.jarファイルがjdev/lib/extディレクトリにコピーされているこ とを確認してください。
WebLogic ServerでHTTP Tunnelingが有効になっていることを確認してください。
アプリケーションを配置する際にoracle/adfクラスにクラスがない setupadf.cmdファイルがWebLogic起動スクリプトで検索できることを確認して ください。
正しいスタートアップ・スクリプトを使用して、正しいドメインを起動したかどうかを確認してください。