Oracle JDeveloper and Oracle Application Development Framework(Oracle ADF)11g 11.1.1.9.0:新機能

更新日時:2015年5月12日

 

はじめに

Oracle JDeveloper and Application Developer Framework 11.1.1.9.0は11.1.1.7.0の更新リリースであり、より大きなFusion Middleware製品スイート・リリース11.1.1.7.0の一部です(JDeveloper and ADFには、リリース11.1.1.8.0はありません)。ここで示すいくつかの機能はすでに12cでリリースされたり、11gにバッ クポートされたりしていますが、かなり多くの優れた新機能があります。

ここでは、このリリースの新機能について紹介します。ぜひ、Oracle Technology Network(OTN)フォーラムへフィードバックをお寄せください。

以前のバージョン:前のリリースである11gまたは12cの新機能一覧については、リリース・ドキュメント・ページを参照してください。

 

このリリースの新機能

 

全般

  • Oracle Fusion Middlewareの更新 このJDeveloper and ADFのリリースは、Oracle Fusion Middleware 11g 11.1.1.9.0に対応します。

  

JDeveloper IDE

  • Oracle WebLogic Serverの更新 JDeveloperにはWebLogic 10.3.6がバンドルされ、テストおよびデバッグ用の統合WLSとして使用できるようになりました。
  • Gitのサポート gitをバージョン管理システムとして使用する拡張機能がJDeveloperインストーラに含まれるようになり、拡張機能を別途インストールする必要がなくなりました。

 

 

Oracle ADFビュー(Oracle ADF Faces、DVT)

  • Orale ADF Facesコンポーネントの拡張機能
    • 新規コンポーネントのaf:panelSpringBoard:アイコンのグリッドをタブに変更するナビゲーションUIの機能を提供します。グリッドからアイコンを選択すると、タブが上部に移動してその下がコンテンツ領域になります。
    • 新規コンポーネントのaf:panelDrawer:この新規コンポーネントによって、コンテンツ領域のどちら側にも配置できるタブを使用できます。また、単にコンテンツ領域を変更したり、新しい領域をスライド・オープンしたりすることもできます。
    • 新規コンポーネントのaf:deck:一度に1つの子コンポーネントを表示する新規コンテナ・コンポーネントであり、子と子の間のトランジションにアニメーション(フェード、スライドインなど)を適用できます。詳細については、Deckのデモとドキュメントを参照してください。
    • カレンダーの機能拡張:  カレンダーの日と週のビューで、終日作業と時刻指定作業のサイズ変更ができるようになりました。また、開発者が休日などの日を色分けできるようになりました。日付列ヘッダーに対して1日の総時間を追加できるようになりました。
    • リスト・ビュー:選択可能であるかが分かりやすくなるように、リスト・ビューの行に対するマウス・オーバー機能が実装されました。ListViewに新しいデザイン・タイムのサポートも追加されました。
    • CSVへのエクスポート:Excel に加えてCSVファイルにtable/tree/treeTableの内容をエクスポートする機能が追加されました。  また、forward-onlyモードでエクスポートし、adfm rowLimit制約を無視する機能も追加されました。 
    • 問合せでのフィールドの並べ替え:問合せ検索パネルでフィールドを並べ替える機能が追加されました。
    • Rich Text Editorでのジオメトリのサポート:  RichTextEditorコンポーネントにdimensionsFrom属性が追加され、dimensionsFromがparentに設定されている場合にRichTextEditorを拡張するコードが追加されました。
  • 新規DVTクライアント・サイド・グラフ作成ソリューションには以下のような利点があります。
    • クライアント・サイドのサイズ変更:サーバーにレイアウトを問い合わせる必要なく、サイズを変更し、コンテナに合わせる機能。  
    • サーバーのスケーラビリティの強化:レイアウトをクライアントにオフロードすることで、サーバーのワークロードを削減してアプリケーションのスケーラビリティを強化。
    • 豊富な機能:
      • 30を超えるグラフの種類
      • ズームおよびスクロールのデザイン変更
      • マーキーによるズームと選択
      • 時間軸のデザイン変更
      • 系の表示/非表示、およびクライアント・サイドのスケール変更によるレイアウトの変更機能
      • データのラベル付けの機能強化

 

  • 新規のゲージでは、スタンピング・ユースケースに焦点をあて、入力をサポートするようになりました。ゲージの種類には、LED、ステータス・メーター、ダイアル、および新規の評価ゲージがあります。
  • テーマ別マップが11.1.1.9で利用可能になり、次のようないくつかの機能を使用できるようになりました。
    • 領域レイヤーのスタイル設定とマーカー・ズーム動作:
    • 新規のマーカー回転機能:
    • 分離された領域の表示機能:
    • カスタムのベース・マップのサポート:
  • 新規コンポーネント:ダイアグラムを 使用して、ノードおよびノード間の関係を表示することで異なるデータセットを視覚化できます。アプリケーション開発者はダイアグラムをプラガブル・フレー ムワークとして使用して、Javascriptでカスタム・レイアウトを定義できます。11.1.1.9では、ダイアグラムの新しいデザイン・タイムがサ ポートされています。

 

  • 新規コンポーネント:NBoxを使用すると、2つのディメンション間でデータを可視化して比較できます。これは通常、従業員のパフォーマンスの可視化と比較に使用されます。NBoxの新しいデザイン・タイムも利用可能になっています。

Oracle ADF Business Components

  • 行検索
    • 行検索は、アプリケーションでビュー条件を使用して行セット内の特定の行を見つけるために使用できるオブジェクトです。行セットに対して行検索操作の実行が必要であり、アプリケーションで行のキー属性を使用して行の検索を指定したくない場合は、行検索を定義できます。
  • データ比較演算子を使用した行の検索
    • ビュー条件項目で、日付値比較の事前定義した演算子を使用します。
  • ポリモフィック・ビュー・オブジェクトを使ったSOAPサービス・インタフェース
    • モ デル・プロジェクトで、ベース・ビュー・オブジェクトを拡張するサブタイプ・ビュー・オブジェクトを定義すると、生成されるSDOサービス・インタフェー スは、ポリモフィック・サブタイプ向けではなくベース・ビュー・オブジェクト向けに強く定型化されます。この機能は、クライアントがサービスXSDを使用 してこれらのサブタイプを組み込むためのメカニズムとなります。
  • SOAP経由のオブジェクト・ラベルと属性ラベルの取得
    • Create Service Interfaceウィザードを使用すると、クライアントがオブジェクト・ラベルと属性ラベルを取得できるようにするために、組込みメソッドの getDfltObjAttrHints()を追加してクライアント・サービス・インタフェースを削除できます。

 

Oracle ADF Desktop Integration

  • Windows 8およびExcel 2013のサポート:Windows 8およびExcel 2013がサポートされるようになりました。
  • 新規コンポーネント:このリリースでは、以下のような複数の新規コンポーネントが導入されました。
    • Image:Oracle ADF Imageコンポーネントを使用して、画像をExcelワークブックに追加可能
    • Output Text (Worksheet Errors):ワークシートのエラーを表示するために使用
    • Output Text (Table Errors):データベース表のエラーを表示するために使用
  • 新規プロパティ:このリリースでは、以下のような複数のプロパティが追加されました。
    • AllowCancel(ステータス・メッセージ):ハングした可能性がある、または時間がかかりすぎているActionSet呼出しのキャンセルをユーザーに許可
    • ResizeModeプロパティ、ResizeColumnsModeプロパティ、ResizeColumnsアクション(表):表のサイズ変更操作をより細かく制御
    • Tooltip:多くのUIコンポーネントに、ツールチップを指定するためのTooltipプロパティを追加
  • 新規アクション このリリースには、開発者がワークブックの拡張に使用できるいくつかの新規アクション/APIが含まれます。
    • ワークシート設定アクション:開発者は、バインドされたコンテナ・メタデータをフェッチする前に、カスタム・メソッドを起動できるようになりました。これは、非常に動的なユースケースで役立ちます。
    • pageDefinitionへのアクセス許可:ワークシートの基になっているpageDefinitionにアクセスする権限をユーザーが持っているかどうかを検証します。
    • ロ ケール処理のオーバーライド:Oracle ADF Desktop Integrationは、ブラウザのロケール設定を使用して、サーバー側のローカライゼーションを決定します。APIを使用すると、特定のアプリケー ションで、決定した適切なロケールに合わせて異なるメカニズムまたはアルゴリズムを提供できます。
  • デザイン・タイムの改善 デザイン・タイムの操作性向上のため、いくつかの機能が強化されています。
    • プログレス・インジケータ・バー:ダウンロード中またはアップロード中に、全体の進捗状況および個別のレコード処理を示す視覚的なプログレス・バーのインジケータが表示されるようになりました。
    • 結合セルのサポート:フォーム・コンポーネントを、結合セル範囲に挿入できます。
    • 設計時間に関する機能強化:複数のコンポーネントを、一括で削除できます。バインディング・パレットからドラッグ・アンド・ドロップが可能です。リソース・プロパティの実行時の値をデフォルトに設定することができます。
    • ワー クブック・メタデータのインポートとエクスポート:開発者は、ワークブックからのメタデータをエクスポートまたはインポートできます。エクスポートされた XMLファイルをExcelの外部で編集し、再びExcelにインポートできます。これは、監査と大規模な更新で役立ちます。
  • ランタイムの改善 このリリースでは、次のランタイム拡張機能が導入されています。
    • クライアントとサーバーのバージョン不一致に関する警告:Oracle ADF Desktop Integrationでクライアントとサーバーのバージョンが一致していない場合に、警告が表示されます。
    • 自己署名付き証明書のサポート:ユーザーは、自己署名付き証明書からの警告を無視できるようになりました。これは、開発およびテストのデプロイで役立ちます。
    • パフォーマンス強化:リスト・キャッシュの最適化を選択できます。状況によっては、時間が10分の1に短縮されます。上流での圧縮により、ペイロードのサイズが最大で90%縮小され、待機時間が長いシナリオ(WAN)においてはアップロード時間が30%程度短縮されます。
    • アップロードの完全性確保:すべての行が正常にアップロードされた場合にのみ、変更がコミットされます。
    • 保護ビュー:アドインを無効にするMicrosoft Excel 2010の"保護ビュー"をサポートします。
    • 更新のダウンロードと一括挿入:Table.Downloadアクションは、サーバーの行状態を使用して、行を挿入保留または更新保留のどちらとして処理する必要があるかを決定できるようになりました。

 

 

バグ修正一覧

このリリースでは、顧客から報告された、および公開された次のバグが修正されています。これは、社内の非公開のバグ修正の全体から見て、ごく一部です。

Number Component Subject
9474220 ADF_FACES adf faces 11.1.1.2.0: caching filter doesn't work
9777899 ADF_FACES select custom color dialog hangs when selecting a custom color the second time
12423351 ADF_FACES link to # anchor reference causes error if ppr navigation is turned on
12681411 ADF_FACES audit needed to check for nested templates
16384569 ADF_FACES improper behavior of autotab property in af:inputtext component
16410875 ADF_FACES left navigation panel of document explorer taskflow does not work in ie9
17312429 ADF_FACES jaws cannot read correctly af:table information on page.
17571191 ADF_FACES select once choice looses the selected option when used in click to edit(clickto)
17731839 ADF_FACES handle the build, blr setup and srg run for oracle mos blr 17656638
18302480 ADF_FACES table columns beyond the size of email client screen are not rendered
19273895 ADF_FACES empty table tries to "fetch" data
19312796 ADF_FACES adf: information / error links are indistinguishable in screenreader mode
19328652 ADF_FACES adf session expiration pop-up has a static size
19723176 ADF_FACES adf issue with intermittent user-agent identification problem in webcenter portal
19347357 CUST failure to rework sibling ref of insert inst leads to cust doc corruption
8676444 DATABIND removeapplyviewcriterianame does not work correctly
8857479 DATABIND executewithparams fails subsequent times to set bind var if table qbe enabled
9170115 DATABIND placeholder data control not visible when packaged in an adf library
11796142 DATABIND lovs in editable table with cascading and query panel loose their value
14493425 DATABIND unable to customize pagedef in fa customization app in jdev
16224187 DATABIND tracking bug for soa backport pertaining to java.lang.nullpointerexception
17969113 DATABIND rel7 : adding portlet to the page is breaking the page.
16521678 DVT expose dvt features for customization through page composer
13890585 IIDEV jdev label build failure
17662841 JBO secured eo no added to query but ds predicates on secured eo added to query
17987632 JBO pojo dc based table issue in 11.1.1.7.0 when filtering and pagination
19271784 JBO another user has locked error has no info on what row/entity is locked
17011020 OHW_RC unable to print to printer any of oracle spaces help topics
16456971 RCS er: bi composer shows no loading icon or message while report is pulling data
17165043 RCS drilldown reports from bi to webcenter does not show at the top
17177736 SIMPL_CUST request lookups to return up to 1000 rows (currently 500 limit)
17636157 SIMPL_CUST singlevaluepickerfield causes validation exc setting long transient dcl value
12346453 TRINIDAD error validation translate message. date field validation