Oracle JDeveloper 11g (11.1.1.3.0) (Build 5660)

 

必ず ライセンス契約書に同意のうえダウンロードしてください。
ライセンスに 同意する | ライセンスに 同意しない

ダウンロード Oracle JDeveloper Studio Edition for Windowsのダウンロード (1185 MB)

Oracle JDeveloperでは、Windows版のOracle JDeveloper 11g Studio Editionがもっとも多くダウンロードされています。Studio Editionには、ADF、J2EE、UML、Database、Java、XMLなど、製品のすべての機能が含まれています。この製品にはJDK 6が含まれており、Windows Vista、XP、2003、2000でサポートされています。

インストール・タイプ
Studio Edition Java Edition
  この製品は、すべての機能を備えたOracle JDeveloperの完全版です。

こちらのダウンロードが推奨されています。
このダウンロード製品には主要なJava機能とXML機能だけが含まれており、J2EE、ADF、UML、Database機能は含まれていません。機能を少なくすることでダウンロードのサイズを小さくし、パフォーマンスを向上させています。
Windowsインストール
Windows XP、2003、2000用
(JDK 6を含む)

Linuxインストール
(JDK 6を含む)

基本インストール
すべてのプラットフォーム用
(JDK 6を含まない)
Oracle JDeveloperの「Help」→「check-for-update」メニューを使用して、JUnitsサポート、バージョン管理ツール統合などを含むOracle JDeveloper拡張機能をダウンロードしてください。

詳細については、インストレーション・ガイドとリリース・ノートおよび Oracle JDeveloper Documentationのページを参照してください。
Oracle JDeveloperには、JDK 6が必要です。Windows版とLinux版の完全なインストールには、必要なJDKも含まれています。その他のインストールでは、 JDK 6がコピーされていることを確認してください。
チュートリアル、デモ、How-To資料などについては、 Oracle JDeveloperのページを参照してください。
その他のバージョンのOracle JDeveloper