JDeveloper icon    

Oracle Fusion Store Frontデモ・アプリケーション

 
About the SRDemo Sample icon
Oracle Fusion Store Frontデモ・アプリケーションについて
  
 
 

Store Frontアプリケーションは、Oracle ADF Business Component、ADFモデル・データ・バインディング、およびADF Facesを使用したサンプル・アプリケーションです。 このサンプル・アプリケーションは、情報提供のみを目的としています。

 

   
Manual Install SRDemo Sample icon
Store Fromデモの必要条件
 
 

このアプリケーションを実行するには、次の簡単な条件があります。

  • サンプル・スキーマを使用するためのOracle データベース(最近のもの)
  • Oracle JDeveloper 11 Production(Oracle JDeveloperの以前の"Technology Preview"バージョンでは、アプリケーションを実行できません)
  • 1024×768以上のスクリーン解像度
  • Firefoxバージョン2.0、Safari、Internet Explorerバージョン7.0以上

 

 
Manual Install SRDemo Sample icon サ ンプル・スキーマのインストール
 

サンプル・アプリケーション用のスキーマをインストールするには、以下の手順に従います。

  1. FOD_11.zip を ハード・ディスク上に解凍します。
  2. Oracle JDeveloper 11で、メイン・メニューから「 File」 →「 Open」を選択します。
  3. ステップ1でzipファイルを解凍した場所へ移動し、Infrastructureディレクトリから Infrastucture.jwsを 選択して、 「 Open」をクリックします。
  4. MasterBuildScriptプロジェクトを開いてか ら、 Resourcesノードを開きます。
  5. build.propertiesをダブルクリックして、エ ディタで開きます。
  6. 使用する環境に応じて、以下のプロパティを変更します。
  7. jdeveloper.home Oracle JDeveloper 11のインストール・ディレクトリの下にある/jdeveloperディレクトリ。 例: C:/JDeveloper_11/jdeveloper/
    jdbc.urlBase データベースのベースJDBC URL。 jdbc:oracle:thin:@<yourhostname>の 形式で指定。
    例:
    jdbc:oracle:thin:@localhost
    jdbc.port データベースのポート番号。 例: 1521
    jdbc.sid

    データベースのSID。 例:
    ORCL
    または XE

    db.adminUser

    データベースの管理ユーザー。 例: system

    db.demoUser.tablespace FODユーザーをインストールする表領域名。 例: USERS

    ほかのプロパティは、すべてデフォルト値のままにしておきます。 デモに使用するユーザー名は、FODです。

  8. メイン・メニューから「 File」→「 Save All」を選択します。
  9. アプリケーション・ナビゲータで、Resourcesノードの下の build.xmlを 右クリックしてから、「 Run Ant Target」→「 buildAll」を 選択します。
  10. データベースの systemアカウントのパスワードを入力します。

antスクリプトにより、FODユーザーが作成され、FODスキーマに含まれる表にデータが移入されます。 Apache Ant - Logを参照すると、一連のSQLスクリプトのあとに、次のメッセージが確認できます。

buildAll:

BUILD SUCCESSFUL
Total time: nn minutes nn seconds

   
Manual Install SRDemo Sample icon
サ ンプルの実行
 
 

Oracle JDeveloperでサンプル・アプリケーションを実行するには、以下の手順に従います。

  1. メイン・メニューから「 File」→「 Open」 を選択します。
  2. デモ用のzipファイルを解凍した場所へ移動し、StoreFrontModuleディレクトリから StoreFrontModule.jwsを 選択して、 「 Open」をクリックします。
  3. Application Resourcesアコーディオン・タイ トルをクリックして、これを開きます。 Connectionsノードを開いてから、 Databaseノー ドを開きます。
  4. FOD接続を右クリックしてから、「 Properties...」 を選択します。
  5. FODスキーマをインストールしたデータベースを指すよう、以下のプロパティのみを 変更します。

    Host Name データベースのホスト名。 例: localhost
    JDBC Port データベースのポート番号。 例: 1521
    SID データベースのSID。 例: ORCLまたは XE

    ユーザー名とパスワードには、fod/fusionを使用します。 「 OK」 をクリックします。

  6. アプリケーション・ナビゲータで StoreFrontServiceを 右クリックしてから、「 Rebuild」を選択します。
  7. StoreFrontUIを右クリックしてから、「 Run StoreFrontUI.jpr」を選択します。 StoreFrontUIプロジェクト内のhome.jspxページがデフォルトの実行ターゲットであり、これを実行するとメインのアプリケーション・ス クリーンが起動します。

 

         

Oracle JDeveloperの使用に関する質問は、 JDeveloper OTN Forum をご利用ください。

 

Copyright © 2008, Oracle. All Rights Reserved