Oracle Beehive

Oracle Beehive コラボレーション・プラットフォーム


Oracle Beehiveのコラボレーション・サービスを利用することで、従業員のパフォーマンスの向上、情報の流通と再利用、ビジネス・プロセスの有効化を実現できます。Beehiveの柔軟なWebサービスはビジネス・プロセスでの活用が容易なため、コミュニケーションとコラボレーションの幅が広がります。

Oracle Beehiveは包括的なデータ統合モデルを特徴としており、イベント駆動型アーキテクチャでリアルタイムの拡張機能を提供します。下の各リンクでは、Oracle Beehiveコラボレーション・サービスを使用したこれらの機能の利点と、Oracle Beehiveがサービス指向アーキテクチャ(SOA)環境に不可欠なソフトウェア・プラットフォームである理由について説明しています。

Developer's Corner

0 SOAP API
Access Beehive services and data using a SOAP 1.2 protocol of the Beehive Development Kit (BDK)
Documentation - Tutorial - Forum - Samples
0 REST API
Access Beehive services and data using a REST-based protocol of the BDK
Documentation - Tutorial - Forum - Samples
Custom Workflow
Customize Beehive process flows using BPEL workflows
Documentation - Tutorial - Forum
Java Content Repository (JCR)
Access Beehive workspaces and documents using the Java Content Repository protocol
Documentation - Tutorial - Forum
Business Intelligence
Create reports of Beehive usage using Beehive database views
Documentation - Tutorial - Forum
Pluggable Authentication Framework
Integrate Beehive with enterprise web single sign-on (SSO) providers
Documentation - Tutorial - Forum

Oracle Beehiveの技術情報に関する詳細は、 Oracle Beehiveのメインページを参照してください。